NEW

青葉賞(G2)は「関係者の本音」が心強いこの3頭で確定? 有力情報で選んだ「至高の3頭」で一発を狙う

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青葉賞(G2)は「関係者の本音」が心強いこの3頭で確定? 有力情報で選んだ「至高の3頭」で一発を狙うの画像1

 牡馬クラシック戦線が混沌としている。皐月賞は7番人気エポカドーロ、9番人気サンリヴァル、8番人気ジェネラーレウーノの順で決まり、3連単は37万馬券。稍重の馬場だったとはいえ、「主役不在」という言葉が正しい結果となった。ダービーもこのメンバーで決まるとは思えず、皐月賞を回避したダノンプレミアム、稍重の皐月賞の馬場が合わなかった馬たち、それぞれが頂点を狙っている。現状は、引き続き「主役不在」のままだ。

 そして今週土曜の青葉賞(G2)。ダービーへの切符2枚に群がる素質馬たちが、ダービーと同じ芝2400mで激突する。これまで青葉賞から日本ダービー馬になった馬はいないのだが、今年はチャンスがありそうな強豪が多数スタンバイ。ここを勝って「主役」となる馬が現れる可能性は非常に高い。今週、関係者より入手した青葉賞の「有力情報」の中から、「主役」に成りえる3頭の馬をピックアップしてみた。

 まずは、サトノソルタス(牡3 美浦・堀厩舎)。ディープインパクト産駒。新馬勝ち後の2戦目でいきなり共同通信杯2着。皐月賞は自重し厩舎で調整を続けてきた。堀調教師+里見治オーナーと言えばサトノクラウンのダービー3着。雪辱に陣営は燃えている。「中間はしっかり乗り込んできました。オープン馬のアルバートと併せ馬をしましたが、最後までいい走りだったと思います。まだ成長途上ではありますが、調整は順調ですし、競馬に行って注文がつかないのはいいところです。これまでのレース内容から距離は延びてもこなしてくれるはずです」と、陣営はダービヘの権利獲りに向けて虎視眈々だ。

青葉賞(G2)は「関係者の本音」が心強いこの3頭で確定? 有力情報で選んだ「至高の3頭」で一発を狙うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!