NEW

パチンコ店「22年連続の減少」……「倒産ラッシュ」をパチスロ「6号機」が救う!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ店「22年連続の減少」......「倒産ラッシュ」をパチスロ「6号機」が救う!?の画像1

 衰退傾向のパチンコ業界に打開策はあるのだろうか。

 警察庁保安課のまとめによると、2017年12月末時点における全国の遊技場数は前年から390店少ない1万596店。「22年連続の減少」であることが判明した。

 未だ20兆円を超える市場規模を誇ってはいるが、現在のパチンコ業界に「30兆円産業」と呼ばれた頃の勢いは感じられない。

「倒産件数が過去最高の水準になった『5号機問題』の再来も十分にあり得ますよね。不透明になっていた高射幸性遊技機の撤去のスケジュールが決まるなど、来年以降は非常に厳しい状況になることは間違いありませんから。

設置比率を守りつつ、旧基準機の設置台数を保つことが可能な『立ちスロ』も指摘されましたしね。休業・閉店を決断するホールも、確実に出てくると思います」(パチスロライター)

 4月24日、全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)が高射幸性パチスロ機の今後の取り組みについて決議し、3年をかけ段階的に減らしていくことになったと報じられた。ホール数だけではなく、遊技人口の減少を指摘する声は絶えない。

 今年2月から施行された出玉規制の影響もあり、業界規模のさらなる縮小は確実視されている状況。「自主的措置」によって、新規則機へ希望が生まれたとも言われているが……。

「パチンコのポイントである設定搭載に関しては、ポジティブな意見も出ています。心配だったのはパチスロですが……AT機の復活などゲーム性が大幅に拡大されることになりましたからね。5.9号機よりは間違いなく期待できますし、楽しみが出てきたと言えるでしょう。

パチンコ店「22年連続の減少」……「倒産ラッシュ」をパチスロ「6号機」が救う!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!