NEW

パチンコ「最強の一発台」メーカーに”最大の危機”が迫る? 人気コンテンツ多用も「低評価の嵐」に不安の声多数

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「最強の一発台」メーカーに最大の危機が迫る? 人気コンテンツ多用も「低評価の嵐」に不安の声多数の画像1

 玉一発で一撃「7000発」をも可能にしたパチンコ『CR天龍∞』(マルホン工業)。人気漫画『賭博黙示録カイジ』に登場した「沼」を彷彿とさせる「3段クルーン」は多くのファンを虜にし、導入から間もなくして増産が決定するなど「1発台」への注目度は非常に高い。

 さらに、手打ち式パチンコを復活させた名物メーカー『A-gon』は同じく「3段クルーン」を搭載した新機種『CR RAIZINMAN』を発表。『天龍∞』のゲーム性に連チャン性能を加えた仕様で、すでに完売するほどの盛況ぶりだ。

 このように「1発台」がトレンドになりつつある昨今のパチンコ。そのブームに火を付けた「立役者」といえば間違いなく『CR天下一閃』(大一商会)の登場が大きい。最大出玉は『天龍∞』を大幅に下回る約4500個、『RAIZINMAN』のような連チャン性はないシンプルな設計だ。現行機「1発台」のベースを作り上げたといっても過言ではない。

 今年1月には「映像演出」と「一発台」を融合させた『CRうしおととら』が導入され、原作ファンのみならず、既存のパチンコユーザーからも話題を集めるなど「一発台」メーカーとして広く支持される大一だが……。

 しかしその一方で、その他販売機種、特に「液晶機」への不安は否めない。今年4月に導入された新作『CR翠星のガルガンティア』は右打ち中の確変比率は約70%、ST引戻率は90%と疾走感溢れる仕様だったものの、過剰すぎる映像演出に嫌気が差すユーザーが続出。導入直後から非難の声が飛び交っていた。

「スペック面はまだ好評のようですが、液晶演出への評判はすこぶる悪い印象です。『まわりぐどい』『無駄な演出が多い』など、大当たりまでのフローに対するシビアな意見が多く見受けられますよ。なかには『天下一閃』がヒットしたせいか『もう一発台以外は作るな』なんて厳しい声も……」(記者)

パチンコ「最強の一発台」メーカーに”最大の危機”が迫る? 人気コンテンツ多用も「低評価の嵐」に不安の声多数のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!