NEW

パチスロ「出玉規制」がもたらす「負のスパイラル」とは…… 旧基準機「撤去期限」決定で加速する深刻な未来

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「出玉規制」がもたらす「負のスパイラル」とは...... 旧基準機「撤去期限」決定で加速する深刻な未来の画像1

 今年2月から開始された新規則「6号機」。当初はこれまでの自主規制が「6号機」にも踏襲される予定であったが、今年1月に発表された「自主規制の緩和」により廃止に。今後の新規則機に期待がもてる内容に収まった。

 主に緩和されたのは「AT機の実質禁止」「純増枚数制限」といった出玉面に直結する箇所。最大差枚「2400枚」という出玉リミッターこそあるものの、これまで以上の瞬発出玉を望める。

 この緩和を受け、ユーザーからは「これならまだ打てる」「AT機復活か」と喜びの声が相次ぎ、それは機種開発を手掛けるメーカーも同様だ。「5号機にはなかった機種ができる」「パチスロの新な可能性」とゲーム性の広がりに期待する関係者は多い。業界の未来を照らす一筋の光になったに違いないだろう。

 しかし、今回の出玉緩和により弊害をもたらしていることも事実のようだ。「遊技通信」(遊技通信社)5月号で特集されている「新台市場の停滞」にその詳細が記載されている。

「現在も設置可能な旧規則機『5.9号機』の販売状況に悪影響を及ぼしているようです。一時期は絶望的とも言われていた『6号機』の規制緩和により、『5.9号機』への需要は著しく低下しているとのこと。大手メーカーの大幅な赤字転落についても触れられていますね。

純増枚数2.0枚以下で出玉リミッター搭載の『5.9号機』となれば、当然の結果といえます。ゲーム性で見れば間違いなく『6号機』の方が上回っているでしょうし、純増枚数に限りがない『AT機』の需要は間違いなく高いですよ」(記者)

 確かに瞬発力・ゲーム性で見れば「6号機」に軍配が上がる。ただ、出玉率は「120%未満」から「115%未満」に下方修正され、ホールの売上は「5.9号機の方が優れている」と指摘する声は多い。

パチスロ「出玉規制」がもたらす「負のスパイラル」とは…… 旧基準機「撤去期限」決定で加速する深刻な未来のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!