NEW

レインボーライン「検査結果」は? 今後のローテーションと可能性

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レインボーライン「検査結果」は? 今後のローテーションと可能性の画像1

 第157回天皇賞(春)はレインボーラインの勝利。鞍上のゴーサインにも素早く反応し、最後のムチにも呼応する。ステイゴールド産駒は、オルフェーヴルやゴールドシップのように気性が悪くて有名なのだが、5歳になった彼にはレースでそういう姿は見られない。実にジョッキーに従順な競走馬である。

 久しぶりの岩田康誠騎手のG1優勝も相まって、レインボーの勝負根性にシビれたファンも多いはず。これから人気が出そうなタイミングなのに、最後の脚の負傷は気になるところだ。

 今のところ、右前脚の跛行という軽い症状で報じられているが、念のため水曜日に精密検査を行う予定で、それを待って最終診断とされる模様。なんとか無事に「やはり跛行だけでした」という結果を早く聞きたいものだ。

 さて、ここからは、もちろん無事で戻ると信じているので、レインボーラインのローテーションを探ってみたい。このあと彼はどう進むのか?

「今の状態ではハッキリとしませんが、もし無事なら宝塚記念に向かうことが考えられますね。昨年の5着ですか?今年は問題ないでしょう。昨年は岩田騎手がM.デムーロ騎手からスイッチし、1年8カ月ぶりにレインボーに跨って、いわば”テン乗り状態”で感覚が掴めていなかったはずです。レースでは後方にうまくつけて掛かることなく走っていましたが、3〜4コーナーでスピードが上がるとポジションを中団まで押し上げていき、直線も仕掛けが早かったと思います。ですがこれは岩田騎手のミスではなく、11頭立ての頭数と、本来速くて潰れないキタサンブラックがいたことで、仕方がなかったと思いますね。その中で良い脚を使って5着まで持ってきたことを評価すべきです。ましてや、今は手の内に入れてるわけですから、去年のようなレースにはならないのでは」(現場記者)

 となると、レインボーラインが出走したら宝塚記念も期待できると?

「可能性は非常に高いですね。もちろん天皇賞のようなゴール前の激しい叩き合いは避けたいところですが、この馬の自在性、最後の末脚を使えば問題ないと思います。ただ、この馬はスタートして置かれてしまうところがあります。ゴールドシップも同じ性質でしたが、もしかしたらステイゴールド産駒の特徴なのかもしれません。スタートはしっかり出てほしいですね。そういえばゴールドシップも宝塚記念勝っていますよね」(同記者)

レインボーライン「検査結果」は? 今後のローテーションと可能性のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!