NEW

NHKマイルC(G1)ギベオンに「大器」の香り? トライアル整備でも結局は……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NHKマイルC(G1)ギベオンに「大器」の香り? トライアル整備でも結局は......の画像1

 今週のG1はNHKマイルC。かつては外国産馬がクラシックに出られなかったことから、陣営はここを目指し、”マル外のダービー”などと言われていた時代もあった。

 ある時から、このマイルカップを使ってダービーに向かうというローテーションも現れ、クロフネ(2001年1着)、タニノギムレット(2002年3着)、キングカメハメハ(2004年1着)がダービーに挑戦し、ギムレット、カメハメハが見事ダービー馬となった(2008年にはディープスカイも達成)。どれも松田国英調教師の管理馬で、中2週で使うことが無謀とされ物議を醸した。のちに”マツクニローテ”とファンの間でも呼ばれるようになる。しかし、そんな語ればキリがない良いドラマがあったのも遠い昔の話。最近ではレベルの低さから存続の危機さえ囁かれている。

 だが、そんなNHKマイルカップも今年からトライアルを再整備。ニュージーランドトロフィーとは別に、アーリントンカップを2月から4月に移行しトライアルレースに指定した。このアーリントンカップが府中の直線勝負に直結することが予想されるため、マイルカップの出走馬のレベルアップが期待される。では、すんなりとアーリントンカップ組だけを買っておけばよいのだろうか?

「アーリントン組参入は刺激になると思いますが、いきなりすべてのレベルが上がるなんてことはないですよね。おそらく来年ぐらいから徐々に。それで、毎年の傾向を見てみると色々手掛かりはあります。毎年トライアルの意味がないと指摘されているニュージーランドトロフィー組は2年連続3着に来ているし、5年前は10番人気マイネルホウオウが優勝しています。2年連続で桜花賞組が優勝しているし、去年は違いましたけど一昨年まで3年間は芝2000mの皐月賞組が3着までに来ていました。たしかにアーリントンカップ組が締まったレースをしたので要注意ですが、今年まではこれまでの傾向を押さえたほうがいいでしょう。」(競馬記者)

 では、今年は、どのステップから激走する馬が出てくるのだろう?

「ひとつ面白い馬がいました。ディープインパクト産駒のギベオンです。」(同記者)

 ギベオン?調べてみると、前走はD.バルジュー騎乗で、毎日杯2着。上がり3Fもメンバー中3番目に速い。どんな競馬をしていたのだろう?

NHKマイルC(G1)ギベオンに「大器」の香り? トライアル整備でも結局は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!