NEW

NHKマイルC(G1)タワーオブロンドン「マイルOK」に不安? 1600mに弱点を残す「証拠」と一新されたゴドルフィン軍団の「今後」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NHKマイルC(G1)タワーオブロンドン「マイルOK」に不安? 1600mに弱点を残す「証拠」と一新されたゴドルフィン軍団の「今後」の画像1タワーオブロンドン(JBISサーチ公式サイトより)

 6日に東京競馬場で開催されるNHKマイルC(G1)で頭一つ抜けた人気に支持されそうなのが、アーリントンC(G3)で重賞2勝目を上げたタワーオブロンドン(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だ。

 ここまで6戦4勝、2着3着が1回ずつと、馬券圏内から外れたことがない安定感。唯一3着に敗れた昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)だが、前を走っていたのはダノンプレミアムとステルヴィオは3歳になっても弥生賞(G2)、スプリングS(G2)を勝つなど世代トップクラスを証明しているだけに悲観する必要はない。

 管理する藤沢和雄調教師も「道中で力んだところがあったし、直線でも前にいた馬の影響で切り返す場面があった。決してスムーズな競馬じゃなかった」と朝日杯FSに明確な敗因があったことを強調。そんな状況での3着なら、今回のメンバーではむしろ大威張りできるはずだ。『netkeiba.com』の事前予想でも、単勝2.3倍と抜けた1番人気が予想されている。

 そんな今年のNHKマイルCの大本命馬だが、唯一の死角と言えば、やはり「マイル戦への対応」ということになるだろう。無論、それは前走のアーリントンCで見せた圧巻の勝ちっぷりで、ほぼ解消されたと述べていい。

 しかし、「マイル実績」という意味では、前走が初勝利だった。主戦のC.ルメール騎手は本馬に対して「本質はスプリンター」とコメントしていたこともあり、藤沢調教師もマイル戦を戦うにあたって「リズムよく折り合えば」という注文を付けている。

 すでに各メディアでは「マイル戦問題なし」との見解が報じられ、陣営からも前向きなコメントが掲載されている。ただ、その一方で陣営に「一抹の不安」がある可能性はかなり高いといえる。何故なら”証拠”があるからだ。

NHKマイルC(G1)タワーオブロンドン「マイルOK」に不安? 1600mに弱点を残す「証拠」と一新されたゴドルフィン軍団の「今後」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!