NEW

TOKIO「山口達也やめる」会見も「公開処刑」納得行かない? ジャニーズは所属アイドルを犠牲にする蛮行

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOKIO「」決定も納得行かない? ジャニーズは所属アイドルを犠牲にする蛮行の画像1

 2日、山口達也のわいせつ疑惑、起訴猶予を受け、TOKIOの長瀬智也、松岡昌宏、国分太一、城島茂が記者会見を行った。

 4人は神妙な面持ちで会見に参加し、リーダーである城島が、山口含め5人全員で話し合った際、山口が辞表を出して「TOKIOをやめる」と告白したと語り、辞表は保留の形となっているそうだ。だが、今後の動向は極めて不透明なものであり「まず謝罪」として会見を行ったと経緯を説明している。

 ただ、結局メンバー4人が参加したのみで、ジャニーズ事務所の関係者や幹部などは一切登場せず。4人だけで、記者陣の質問に応じるという形となった。

「やはり、結局は所属アイドルを『犠牲』にしているようにしか見えませんでしたね。TOKIOそのものの責任がゼロとはいえないのかもしれませんが、山口そのものをコントロールしきれなかった事務所の責任こそが非常に大きいはず。それを、すべてメンバーに生謝罪させるというのは……。もはや公開処刑です。SMAPの時と何も変わりませんよ」(記者)

 どこまでも無責任な印象のジャニーズ事務所。どこまでも事務所本意ということだろうか。

 結局、TOKIOの今後の処遇も決まらず。どうすべきか、今後の動向にも注目だ。

TOKIO「山口達也やめる」会見も「公開処刑」納得行かない? ジャニーズは所属アイドルを犠牲にする蛮行のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!