NEW

パチスロ「6号機」導入の目途立たず…… 「撤去期限」揺るがす「メリット」と「デメリット」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「6号機」導入の目途立たず...... 「撤去期限」揺るがす「メリット」と「デメリット」の画像1

 今年2月から開始された、遊技時間「4時間」での儲け額が「5万円以下」となる出玉規制「新規則」。

 施行後は「新規則」に適応した機種開発が求められるわけだが、パチンコは大当たりの出玉上限が「2400個から1500個」へ、パチスロではボーナス獲得枚数が「最大465枚以上から最大285枚」へ引き下げられた仕様が対象だ。

 それに加え、メーカー間で取り決められた内規「自主規制」が存在する。規則とは異なり適時変更を行えるが、ゲーム性や出玉性能に及ぼす影響力は強く、「新規則機」は難航が予想されていた。

 そんななか、今月1日、出玉試験を行う保安通信協会(保通協)が4月中に実施した試験状況を発表。新規則機のパチンコは「12台」が申請され、そのうち「4機種」が適合したことが明らかとなった。また、不適合理由には新規則上のルールで不適合となった事例は存在せず、パチンコにおいては出玉規制の影響を受けていない様子。

 では、パチスロ「6号機」の場合はどうだろうか。

「AT機の復活」「純増枚数の上限撤廃」など今年1月に発表された「自主規制の緩和」。このルールに沿った保通協への試験申請は「4月」から可能で、パチンコ機と同様に多くの申請数が見込まれていたが……。

「パチスロは不適合以前の問題で『申請』すらなかったようですね。自主規制が発表されてわずか3カ月。開発期間を踏まえると仕方ないでしょう。

パチスロ「6号機」導入の目途立たず…… 「撤去期限」揺るがす「メリット」と「デメリット」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!