NEW

レインボーライン「引退」濃厚か……「経過観察」で軽症にも疑問、今後は

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レインボーライン「引退」濃厚か......「経過観察」で軽症にも疑問、今後はの画像1

 岩田康誠騎手による渾身のイン突きで天皇賞・春(G1)を制し、悲願のG1初優勝を達成したレインボーライン(牡5歳、栗東・浅見秀一厩舎)。しかし、その代償か大きく異変を感じた岩田騎手は入線直後に下馬。故障を発症したようで自身の脚ではなく、馬運車でコースから運ばれていた。

 その後、陣営からは右前肢跛行(はこう)と比較的軽症であることが明かされ、後日精密検査を受けることを発表。2日にその結果が出たのだが……。

「スポーツ報知」の記事によれば、検査を行った競走馬診療所は「引き続き経過観察中」と伝えている。そして「球節後面の腱、じん帯の損傷を疑って、検査を実施しているところ」だとし、まだ確定診断にまで至っていないため、「観察を続けます」と明かしたという。

「どうやらまだ確定はしていないものの、予断を許さない状況にあるのは間違いないようですね。軽症であれば、宝塚記念(G1)への出走も視野に入っていたはずなのですが……。ノーザンファームしがらきへ放牧に出されたので、秋までじっくり休養を取るのは確実。できうることならば、また大舞台でその勇姿を見たいですね」(競馬記者)

 レインボーラインの多くのファンも早期の復活を願ってやまないことは確かだ。だが、どうしても”引退”という二文字が頭をよぎってしまう人もいるだろう。

レインボーライン「引退」濃厚か……「経過観察」で軽症にも疑問、今後はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!