NEW

JRAの強豪と闘う日も?「東海の星」サムライドライブが衝撃10連勝で話題

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAの強豪と闘う日も?「東海の星」サムライドライブが衝撃10連勝で話題の画像1

 5月2日に名古屋競馬場で”東海三冠”のうちの一つである駿蹄賞が重馬場の中で行われ、これまでデビューから無傷の連勝を続けてきたサムライドライブが、2着に7馬身差をつけて圧勝し、驚異の10連勝を飾った。久しぶりに強い地方馬が現れた……名古屋のみならず地方のホースマン、ファンがそんな思いで期待を寄せる馬である。

 彗星のごとく現れたサムライドライブとは、一体どういう馬なのか。

現在、名古屋競馬場を主戦とするオープンの3歳馬。勇ましい名前だが、牝馬である。父はシニスターミニスターで、エーピーインディの血を受け継ぐダート血統。父の母方にはフレンチデピュティの父デピュティミニスターの血も入っている。一方、母の父はワイルドラッシュで、トランセンド等を出したダート血統。母の母にはブライアンズタイムの血も入っており、まさに”血に砂が混じっている”ほどのダート血統である。また、サムライドライブの母ユニティの現役時代は、北海道でデビュー連勝後、特別で3戦連続3着。その中にはJRA交流競走エーデルワイス賞でサマーエタニティらと走り3着もあった。その後、南関東に移籍すると伸び悩んだが、3勝2着1回3着2回と力を見せた。血統的にみれば、サムライドライブがダートで大成する素地は十分にある。

 では、この馬のこれまでの戦績から分析してみる。

 ファンがどのようにこの馬の強さを支持してきたのかを単勝オッズから確認してみた。10戦中9戦1番人気に支持されて、1レースあたりの単勝平均オッズは1.5倍。しかも、8戦目、9戦目は支持を集めすぎてしまい単勝1.0倍で元返しとなったほど。かなりの支持率といえる。

 サムライが2着につけた着差を見る初戦から着差は、4、6、1.5、4、6、5、9、5、4、7馬身。総計96.5馬身の着差をつけて勝ってきた。もはや名古屋には相手がいないかもしれない。

「文句の言いようがないですよね。この馬、逃げているのに最後キレ負けすることがないんですよ。全10戦ともすべて上がり最速で走っています。たしかに名古屋には敵がいないんじゃないでしょうか。」(地方競馬記者)

逃げ馬なのにキレ負けしない、とは恐ろしい馬だ。

JRAの強豪と闘う日も?「東海の星」サムライドライブが衝撃10連勝で話題のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!