NEW

パチスロ『ゴッド』『番長』もはやホールに必要なし? 設置機種「バラエティのみ」実現に期待できる人気機種の傾向

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ『ゴッド』『番長』もはやホールに必要なし? 設置機種「バラエティのみ」実現に期待できる人気機種の傾向の画像1

 パチンコホールには大量導入される主軸機種とは異なり、設置台数「1~2台程度」で構成された「バラエティコーナー」と呼ばれるものが存在している。

 パチンコは『北斗の拳』『海物語』などのメイン機種の場合、最低でも10台以上の「島」で設置されていることがほとんどだ。その一方「バラエティコーナー」は少台数かつ多種多様な機種で構成されている。

 その要因として「販売台数の少なさ」がもちろん挙げられるが、機種に対する「信頼度の低さ」も理由の1つだ。実際、バラエティコーナーには多くの新規コンテンツが顔を揃えている状況である。

 そして、その構成方法はパチスロコーナーも同様だ。

 導入される機種は目新しいものばかりで、前評判は決して高くない。早々と新機種に入れ替えられ、短命であることは間違いないだろう。

 しかし、そのような流れは昨今変わりつつある。注目度の低い「二番手」として導入された「バラエティ機種」の活躍が後を絶たないのだ。

「ここ数年間、少台数で販売された機種のヒットが目立っていますね。一昨年に導入された『GI優駿倶楽部』を筆頭に、『政宗2』『ウルトラセブン』を評価する人は多いですよ。

特に、『ギルティクラウン』は業界内外で評判のようで。実際、中古機価格は『100万円台』を推移しており、需要の高さがうかがえます。従来の『バラエティコーナー』に比べて間違いなく盛り上がっていますよ」(記者)

パチスロ『ゴッド』『番長』もはやホールに必要なし? 設置機種「バラエティのみ」実現に期待できる人気機種の傾向のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!