NEW

【新潟大賞典(G3)展望】ステファノス参戦で激震!? 強い4歳世代が実績ある古豪との直接対決に挑む!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【新潟大賞典(G3)展望】ステファノス参戦で激震!? 強い4歳世代が実績ある古豪との直接対決に挑む!の画像1

 ゴールデンウイーク最終日の新潟競馬場メインレースはハンデ重賞の新潟大賞典(G3)。ハンデ重賞という事もあって近年は10番人気以下の馬が連対するなど波乱の決着が多く馬券的な注目度も高いが、今年は世代間での熱い戦いもありそうで注目度はさらに上がるだろう。

 3連勝で小倉大賞典(G3)を制したトリオンフ(セ4、栗東・須貝厩舎)の重賞2勝目となるか注目したい。初めてのG1挑戦となった前走の大阪杯(G1)ではレースの中盤から進出を開始すると先頭に並びかけて見せ場は作れた。着順は8着に敗れているがスタートでの遅れが影響したことが大きかったと考えれば、これから先も通用する手応えを掴んだレースとなったはずだ。今回は前走同様に斤量57㎏を背負ってのレースとなり、初めての重賞勝ちとなった小倉大賞典(G3)よりも難しいレース。また、初めての左回りへの対応も重要なポイントとなるが、これから先もG1戦線で戦っていくためには克服しなければならない課題なるだろう。

 レース展開のカギを握る存在となりそうなマイスタイル(牡4、栗東・昆厩舎)は、重賞未勝利ながら通用する能力がありそうだ。昨年の日本ダービー(G1)では積極果敢な逃げの策に打って出るとレイデオロ、スワーブリチャードに最後まで抵抗し4着に粘りこみを見せている。長期休養明けとなった前走の福島民報杯(OP)ではハイペースの展開で早め先頭に立つ厳しい流れとなったが、持ち前の粘り強さで2着は確保。復帰戦としては上々の成績を残し中距離戦への適性の高さを改めて証明した。ハンデ重賞となるここでは実績馬にはハンデが課されるだけに、マイペースでの先行策となれば押し切ることも十分考えられる。

 昨年の香港C(G1)以来のレースとなるステファノス(牡7、栗東・藤原厩舎)だが、今年は春のG1戦線には向かわずここに照準を定めた。ここまでG1勝利こそ無いものの昨年の大阪杯(G1)2着や一昨年の天皇賞・秋(G1)での3着など出走予定メンバー内では断然の実績を持つだけに、3年以上勝利から遠ざかっているがトップハンデ58㎏も仕方のないところだろう。今年で7歳とベテランの域に達してはいるが、良績の多い左回りで得意の中距離戦ならば、4歳世代に立ちはだかり久しぶりの勝利を勝ち取ることも十分可能なはずだ。

【新潟大賞典(G3)展望】ステファノス参戦で激震!? 強い4歳世代が実績ある古豪との直接対決に挑む!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事