NEW

パチンコメーカー「新規則」で一歩リードか...... 出玉試験「申請0件」パチスロへの「不安」さらに高まる

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコメーカー「新規則」で一歩リードか...... 出玉試験「申請0件」パチスロへの「不安」さらに高まるの画像1

 パチンコ・パチンコの出玉規制「新規則」の施行開始から約3カ月、依然としてパチンコファン・業界からは悲しみの声が絶えない状況だ。

 パチンコ・パチスロともに、大当たり時の出玉は大幅に引き下げられ、それに加えてメーカー間で取り決める内規「自主規制」が機種開発を妨げている様子。板挟み状態の規制状況に「新規則機」の登場が危ぶまれていたが......。

 試験機関・保安通信協会(保通協)が公表した4月中の試験状況によれば、新規則機のパチンコは「12台」が申請され、そのうち「4機種」が適合したことを明らかに。また、あいにく不適合となったもので「新規則」に底触した機種は存在せず、規制の影響はさほど受けていないことが分かる。

 すでに開発状況に関しては、メーカー団体『日本遊技機工業組合(略称:日工組)』が新規則の開発状況について「設定付きパチンコ遊技機の持ち込みを始めている」とコメント。ある程度の見通しが立っているのかもしれない。

 さらに、一部関係者の間では、新規則機が"どの機種"で登場するのか、早くも話題を集めている状況。パチンコに対し期待する声は上がっている。

 しかしその一方で、パチスロ「6号機」においては極めて厳しい局面を迎えている。

 同じく、保通協が発表した4月中の試験状況に「6号機」は不適合どころか「申請」すらなかった。AT機が解禁されるなど「自主規制の緩和」に適応した申請は4月から可能と開発期間を踏まえれば、やむを得ないといえる。

パチンコメーカー「新規則」で一歩リードか...... 出玉試験「申請0件」パチスロへの「不安」さらに高まるのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、6号機パチスロ出玉規制の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!