NEW

JRA岩田康誠&デムーロ「ダブル斜行」で阿鼻叫喚!? NHKマイルC(G1)タワーオブロンドン"英国ロード"「大渋滞」で意気消沈......

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA岩田康誠&デムーロ「ダブル斜行」で阿鼻叫喚!? NHKマイルC(G1)1番人気タワーオブロンドン英国ロード「大渋滞」で意気消沈......の画像1

「嬉しいです!」

 6日に東京競馬場で行われたNHKマイルC(G1)で、藤岡佑介騎手のスマイルが弾けた。デビュー15年でG1・2着は数えること7回、86回目のG1挑戦でついに栄冠を勝ち取った。

 しかし、その一方で最後の直線でほぼ何も出来ずに敗れたのが、単勝2.6倍の1番人気に支持されていたタワーオブロンドンだった。

 スタートでやや後手を踏んで中団後方から。ハイペース気味だったことや勝ったケイアイノーテックの位置取りを考慮すれば決して悪いポジションではなかったが、「英国遠征」に繋がるはずの最後の直線で"悪夢"が待っていた。

「やっと開いたと思った時に前を遮られてしまいました......。ほとんど追うことが出来ず、残念です」

 レース後、鞍上のC.ルメール騎手がそう絞り出した通り、最後の直線では各馬が内側に殺到し大渋滞に。中団やや後方からの内々を回ったタワーオブロンドンだったが、ほぼ進路が見つからないままレースが終わってしまった。

 ただ、消化不良のままレースを終えたのはルメール騎手だけではなかったようだ。

 ラスト200mを切って先頭に躍り出たM.デムーロ騎手とギベオンだったが、ここで苦しくなったのか内側へ斜行。さらにゴール前では岩田康誠騎手のレッドヴェイロンが隣のパクスアメリカーナに寄り掛かり"玉突き事故"が発生......大渋滞の直線内側はまったく"交通整理"されることなく、まさに「阿鼻叫喚」の状況のままゴールを迎えている。

JRA岩田康誠&デムーロ「ダブル斜行」で阿鼻叫喚!? NHKマイルC(G1)タワーオブロンドン"英国ロード"「大渋滞」で意気消沈......のページです。GJは、競馬、タワーオブロンドンミルコ・デムーロ岩田康誠の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!