NEW

パチスロGRT『北斗』で”王者陥落”決定的か……ミスを重ねるシリーズ機の重大な「欠点」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロGRT『北斗』で王者陥落決定的か......ミスを重ねるシリーズ機の重大な「欠点」の画像1

 今月7日、業界最大手サミーからパチスロ新概念「GRT」第二弾目となる『パチスロ北斗の拳 修羅の国篇 羅刹ver.』(サミー)がデビュー。話題の新システムを引っ提げてリリースされた”新生北斗”に熱い視線が注がれている。

 A+RTの本機は「ハイパービッグボーナス(獲得枚数300枚)」・「ビッグボーナス(最大獲得枚数239枚)」・「レギュラーボーナス(最大獲得枚数64枚)」で出玉を増やす仕様だ。

 さらに、全ボーナス終了後に必ず突入するRT「転生の刻」は1セット100Gと現行RT機屈指の性能を搭載。あらゆる面でGRT第一弾『コードギアス 反逆のルルーシュR2 C.C.ver.』を超える出玉性能を実現している。

 これまで築きあげてきた『北斗』の実績に加え「安定さと爆発力」も兼ね備えた本機。新台初日から多くのユーザーから注目が集まるのも納得ではある。

 しかし、実際に遊技してきた現場からの声は議論を呼んでいる状況だ。

「ユーザーからの意見はさまざまで出玉面に関しては『高設定は安定するね』『低設定はまあ甘い』と批判的な意見は少ないですよ。出玉率はすでに公表されていますし、ゲーム性を見れば納得の評価でしょう。

ただ、演出面に対しては厳しい声が目立っています。『通常時がとにかくつまらない』『前作を焼き増した演出が多すぎ』と演出面を評価する声はあまりない印象。ボーナスタイプの特性上『演出の少なさ』は仕方ありませんが”手抜き感”は否めないようですね」(記者)

 ビックボーナス偏向型スペックの上、ボーナス後に必ずRT100Gが付与される極上仕様。出玉性能に関しては多くのプレイヤーが納得するのも至極当然である。

パチスロGRT『北斗』で”王者陥落”決定的か……ミスを重ねるシリーズ機の重大な「欠点」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!