NEW

JRA藤田菜七子騎手「イライラ爆発」で鬼の形相!? “崖っぷち”先輩騎手の執拗な「嫌がらせ?」に不満隠せず……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA藤田菜七子騎手「イライラ爆発」で鬼の形相!? 崖っぷち先輩騎手の執拗な「嫌がらせ?」に不満隠せず......の画像1

 競馬の醍醐味の1つと言えば、レース序盤で行われる激しい主導権争いだ。

 逃げてこその馬、できれば逃げたい馬、陣営から何が何でもハナに立つように言われている馬……わずか数十秒の間に騎手たちの様々な”思惑”が交差するが、集団の先頭に立って主導権を握れるのは1頭。競馬のレースでハナに立つことは特別な意味を持つだけに、その争いが激化し、お互い自滅覚悟のハイペースになることも珍しくない。

 そんな「仁義なき主導権争い」は歴戦の騎手たちにとっては日常茶飯事。だが、述べるまでもなく、競馬界のアイドル藤田菜七子騎手も例外ではないようだ。

 先日5日に、新潟競馬場で行われた未勝利戦のことだ。

 藤田菜七子騎手が騎乗していたのは、2番人気のバララットゴールド(牡3歳、美浦・黒岩陽一厩舎)。チャンスのある人気馬であることも然ることながら、オーナーは「日本競馬の王様」社台グループの権力者・吉田勝已の妻・吉田和美氏である。過去に2015年の年度代表馬モーリスや、種牡馬入りしたキンシャサノキセキなどを所有した大馬主の人気馬を託されたとあって、菜七子騎手にとっては大きなアピールの機会だった。

 しかし、結果は6着惨敗……。スタートからハナを主張したバララットゴールドだったが、内から松田大作騎手のキクノゼファーが譲らず激しい主導権争いに。2頭で後続を大きく引き離す展開で1コーナーを回った。その後、2コーナーを迎えた辺りで結局、引いたのは菜七子騎手。2番手からの競馬となったバララットゴールドだったが、前半の無理が祟って掲示板にも載ることができなかった。

JRA藤田菜七子騎手「イライラ爆発」で鬼の形相!? “崖っぷち”先輩騎手の執拗な「嫌がらせ?」に不満隠せず……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事