NEW

スタディオブマン(父ディープインパクト)が仏ダービー有力に! 続くディープ旋風で「三国統一」も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スタディオブマン(父ディープインパクト)が仏ダービー有力に! 続くディープ旋風で「三国統一」も?の画像1

 ディープインパクト産駒が欧州を席巻! 去る5月8日、フランス•サンクルー競馬場で、仏ダービーの前哨戦と位置付けられている一戦、グレフュール賞(G2)が4頭立ての芝2100mで行われ、ディープインパクト産駒のスタディーオブマン(牡3・Pバリー調教師)が完勝。

 先日のイギリスに続きフランスでも、ディープインパクト産駒がクラシック候補に名を連ねたのである。

 バリー調教師は、レースの前にオーナー関係者に電話して「(スタディーオブマンは)祖母のミエスクと同じ道を歩んでいる」と報告し、期待を持たせてくれていたというほど、かなり自信を持った一戦であったようだ。

「強い馬でしたよ。レースは、向正面までハナを切りペースを作り、2番手追走の直線、ラスト2Fあたりから仕掛けて抜け出し、3馬身半の着差で完勝しました。少頭数とはいえ相手に怯むことなく、騎手の指示に素早く反応し、最後はディープインパクト産駒らしいきれいなストライドを伸ばしてゴールしていました。これは本番にむけて良いシミュレーションになりましたよ」(海外競馬ライター)

 この強さを血統から確認したい。

 父ディープインパクト、母セカンドハピネスで、母父はストームキャット。そう、日本ダービー馬•キズナと同じ”最強ニックス”と言われているディープインパクト×母父ストームキャットの交配である。

「母セカンドハピネスは、2007年から2015年まで日本で繁殖生活を送っており、7頭の子を日本で出産しました。ディープインパクトを種付けした後は、アイルランドへわたり、2015年の4/9にスタディーオブマンを出産しました。半兄にはマンボネフュー(父バゴ)がいますね」(競馬記者)

スタディオブマン(父ディープインパクト)が仏ダービー有力に! 続くディープ旋風で「三国統一」も?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!