NEW

JRA横山典弘騎手「究極の選択」でミスパンテールを選んだ背景。ヴィクトリアマイル(G1)最大のキーマンがG1馬アエロリットを"捨てた"裏事情

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA横山典弘騎手「究極の選択」でミスパンテールを選んだ背景。ヴィクトリアマイル(G1)最大のキーマンがG1馬アエロリットを捨てた裏事情の画像1

 13日に東京競馬場で開催される、今年のヴィクトリアマイル(G1)。その最大のキーマンはいつもの"ルメデム"でなく、騎乗停止から復帰する武豊騎手でもなく、「究極の選択」を迫られた横山典弘騎手に違いないだろう。

 今回のレースを迎えるにあたって、横山典騎手には「2つの選択肢」があった。

 1つは昨年のNHKマイルC(G1)の覇者であり、ここまで通算9戦すべてに騎乗しているお手馬アエロリット(牝4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)に騎乗すること。そして、もう1つが破竹の4連勝中の上がり馬ミスパンテール(牝4歳、栗東・昆貢厩舎)とのコンビを継続することだ。

 昨今、有力騎手の騎乗馬選択の大半は代理人となるエージェントが行っている。だが、横山典騎手は昨年からエージェントを付けていない。昆貢調教師も「ジョッキーがこの馬を選んでくれた」と明言しており、横山典騎手が自らの意思でG1馬のアエロリットではなく、ミスパンテールを選択したことは明らかだ。

 だが、それだけで「ミスパンテール>アエロリット」と考えるのは、いくら何でも早計だろう。

 確かに前者は現在重賞3連勝を含む4連勝中と飛ぶ鳥を落とす勢いだが、後者は東京マイルのG1馬であり、前走の中山記念(G2)も+18kgという余裕残しで2着に粘った。その能力は牡馬を含めてもトップクラスだ。

 したがって横山典騎手にとっても難しい選択となったことは容易に想像できるが、最終的にミスパンテールを選んだことは、単純な馬の実力だけでなく「いくつかの魅力」があったからに違いない。

JRA横山典弘騎手「究極の選択」でミスパンテールを選んだ背景。ヴィクトリアマイル(G1)最大のキーマンがG1馬アエロリットを"捨てた"裏事情のページです。GJは、競馬、ミスパンテールヴィクトリアマイル横山典弘の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!