NEW

空気階段・鈴木もぐら「ギャンブル武勇伝」に大爆笑! 競馬・パチスロ・謎のゲーム……驚愕エピソードを大公開!!

【この記事のキーワード】, ,
空気階段・鈴木もぐら「ギャンブル武勇伝」に大爆笑! 競馬・パチスロ・謎のゲーム......驚愕エピソードを大公開!!の画像1「空気階段・鈴木もぐら」さんGJ降臨!

 2015年に結成4年目で「キングオブコント」準決勝に進出、TBSラジオ「マイナビ Laughter Night」チャンピオン大会を2016、2017年と2連覇するなど、今後の活躍が期待されるお笑いコンビ「空気階段」。

 そんな空気階段の「鈴木もぐら」さんがGJに降臨!「借金600万円」という強烈な肩書きを持つギャンブラーが、爆笑必至の「武勇伝」を暴露!!

●●●

――「もぐら」さんといえば、やはり「借金600万円」という肩書が強烈です。その原因は?

鈴木もぐら(以下、もぐら):ギャンブルですね。あとは風俗。ギャンブルに負けても風俗に行くという生活を送っていましたからね。

――「勝ったら行く」なら理解はできるのですが? なぜ、そのような考えを?

もぐら:よく行っていたパチンコ店で仲良くなったおじさんに言われたんですよ。そのおじさんは、当時勝ちが続いていた自分に「運には周期が必ずある」と語っていましたね。

重要なのは「負けの流れ」が来た時に何ができるかだと。「負けた時に『カップラーメンを食う』とか『酒をコーヒーに変える』とか、そんなことをしても流れは変わらない」と強調していました。運の周期は、自分では変えられないというんです。

一番効果的なのは「人に変えてもらうこと」で、効果が最も見込めるのが「風俗だ」と豪語していました(笑)。しかも、その人は勝った時も「ギャンブルで勝ったんだから好きなことに使え」と言っていましたね。その教えを実行していたら、このような感じに(笑)。

空気階段・鈴木もぐら「ギャンブル武勇伝」に大爆笑! 競馬・パチスロ・謎のゲーム......驚愕エピソードを大公開!!の画像2

――納得できました(笑)。とりあえず、ギャンブルとの出会いはパチンコなんですね

もぐら:そうですね。初めて遊技したのはパチンコ『フィーバークイーン』でした。ここでビギナーズラックが発動して快勝し、通うようになったんですよね。しかし、本格的にハマったのはパチスロです。沖スロが大好きになりました。

――思い出に残っているエピソードとかありますか?

もぐら:深く考えず触った『島唄』との出会いですね。『ジャグラー』のような単純な台だと思って座りましたから。ビッグを引いたら「1ゲーム連チャンする」という仕様に「何だコレ!?」と衝撃を覚えました。

実際のところは内部に複雑にモードがいっぱいあるんですが、当時は意味分からなくて。5000円でビッグ5連とかして……そこからドップリです。後で解析を見て「危ない機種じゃないか!?」と驚愕しましたけど(笑)。

――そこからは順風満帆の『島唄』ライフが?

もぐら:機種の勉強などもして、それなりに戦えていました。しかし、やはり何をやってもまったく勝てない周期がやってきましたね。引いても引いてもバケという、泣きたくなるような実戦が続きました。

空気階段・鈴木もぐら「ギャンブル武勇伝」に大爆笑! 競馬・パチスロ・謎のゲーム……驚愕エピソードを大公開!!のページです。GJは、インタビュー、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  4. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  5. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  6. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  7. パチスロ新台「裏モノ」を彷彿とさせる合法連チャン機が復活! 一撃5000枚突破の前作を超える出玉性能!? 新台分析―パチスロ編―
  8. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  9. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  10. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ