NEW

パチンコ「一撃80万円」超絶”爆裂機”が招く最悪のシナリオ…… 業界脅かす「出玉規制」がトドメを刺す?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「一撃80万円」超絶爆裂機が招く最悪のシナリオ...... 業界脅かす「出玉規制」がトドメを刺す?の画像1

 今月7日にデビューを飾った、今話題の1発台『CR RAIZINMAN』(A-gon)。3段階クルーンで話題を呼んだ『CR天龍∞』(マルホン工業)の仕様に、連チャン性能を兼ね備えた『RAIZINMAN』が今、パチンコホールを鉄火場にしている。

 大当たり時の出玉が全て2025個で時短突入率51%と獲得出玉偏向型の「2000×α」と、獲得出玉1215個で時短突入率65%と時短を重視した「1200×α」の2種類のスペックで登場した本機。

 大量出玉を生み出す時短「雷神チャンス」は最大5回のチャンスゾーンだ。この間に再びV入賞されることで、連チャンする仕組みとなっている。また貯めたパチンコ玉を一気に放出する「貯玉機能」により、イレギュラーな玉な動きを実現。『天龍∞』では味わえない興奮を体験できるゲーム性だ。

 そんな本機は、導入初日から想像を超えた出玉性能を発揮している模様。その性能の高さは、他機種では足元にも及ばない領域まで達しているようだ。

「実際に遊技したユーザーからの反響は大きく、ホールによっては大量のドル箱が積み上げられているとの報告が相次いでいます。獲得出玉が『10万発』を超えたとの情報も飛び交い、なかにはその倍にあたる『20万発』近い出玉を叩き出した人もいるとか。

近年稀に見る爆裂台ですよね。まさにホールは”鉄火場”状態のようですよ」(記者)

 確かに、爆発力は現行機NO.1であることは間違いないなさそうだが、ホールのモチベーション次第で出玉性能が大きく変化することは言うまでもない。特に『RAIZINMAN』のような1発台は、ステージ性能や役物入賞率に大きく関わる「傾斜角度」によって勝率は大幅に異なってくる。

パチンコ「一撃80万円」超絶”爆裂機”が招く最悪のシナリオ…… 業界脅かす「出玉規制」がトドメを刺す?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!