NEW

パチスロ『GRT北斗』『番長』大失態で”新王者”降臨か? あの人気ライター・赤坂テンパイも絶賛「史上最後の大革命」に注目集まる

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ『GRT北斗』『番長』大失態で新王者降臨か? あの人気ライター・赤坂テンパイも絶賛「史上最後の大革命」に注目集まるの画像1

 パチスロ界が誇るビックコンテンツの「ノーマル機」での登場が目立つ昨今。今年4月、シリーズ初のノーマルタイプとして『押忍!番長A』(大都技研)がデビュー。さらに、5月には今話題の新システムGRTを搭載した『パチスロ北斗の拳 修羅の国篇 羅刹ver.』(サミー)が登場するなど、ファンなら誰もが知る”大物”に期待の声が多く寄せられていた。

 しかし、どちらも甘いスペックで”遊びやすさ”の面では高評価だが、「演出面」に対する評価は非常に低い印象だ。

 これまでのシリーズ機を「焼き増した演出」が目立ち、手抜き感が否めない。GRT『北斗』に関しては、まだ導入して間もなく覆す可能性は多いにあるが、『番長A』の挽回は極めて厳しい。王者陥落とはまさにこのことか。

 そんな業界の大御所たちの相次ぐ失態が目立つ一方で、業界内外で圧倒的な人気を誇り、際立って輝くノーマル機が存在している。

 それが、「5号機Aタイプ史上最後の大革命」と銘打たれた『パチスロ不二子Type-A+』(オリンピア)だ。

 3種類のボーナスで構成される本機は、最大402枚を獲得できるSBB、平均獲得枚数が約350枚のNBB、そして103枚の獲得が見込めるRBを搭載。SBB後は必ずRTに突入し、その他ボーナスでもCZ経由でRT突入のチャンスが得られる。

 そして、最も注目したいのは「獲得枚数超変動タイプ」のBB。「簡単な技術介入」を成功させることによって、獲得枚数を「激変」させられる仕様となっている。振れ幅は当然ながら大きいが、1回のBBで「400枚」を超える出玉獲得が可能と「運」「実力」で勝ち取る、他ノーマル機では味わえる斬新なゲーム性がファンの心を掴んだ。

パチスロ『GRT北斗』『番長』大失態で”新王者”降臨か? あの人気ライター・赤坂テンパイも絶賛「史上最後の大革命」に注目集まるのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!