Business Journal > GJ > 競馬 > リリーノーブル  > 2ページ目
NEW

JRA川田将雅「思い切り」でオークス(G1)リリーノーブル一気の戴冠も? 「悪癖」を受け入れて……

【この記事のキーワード】

, ,


「これまでの引っ掛かるがままに走るレースぶりを見ると、今回の桜花賞も普通に乗っただけのように思えます。工夫した調教を信じて乗ったのかもしれないですが、ならば後ろで控える競馬を経験させても良かったのではないでしょうか。リリーノーブルはこれまで、新馬戦から上がりタイムは、最速、2位、2位、3位、3位と常にベスト3の末脚を繰り出しており、複勝率100%で安定した走りを見せています。掛かってバテ気味なのにこの末脚が出せるんです。後方待機で上がっていく競馬もマッチすると思いますね。

 また、アーモンドアイが抜き去った時、リリーノーブルのスイッチが入って猛追したのは収穫でした。

 リリーノーブルが府中の中団後方を進み先に抜け出す。その外からアーモンドアイが迫ってきたら馬体を併せて、前をゆくラッキーライラックを捉えに行く……もう陣営は優勝しか興味がないわけですから、思い切った競馬をしてほしいです」(同記者)

 このところ2着、3着、3着と重賞で壁にぶち当たっている感じのリリーノーブル。たしかに陣営は1着にしか興味がないはずだ。複勝率100%で力はある。あとは本番のオークスで殻を破るだけだ。思い切った競馬を期待したい。

JRA川田将雅「思い切り」でオークス(G1)リリーノーブル一気の戴冠も? 「悪癖」を受け入れて……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!