NEW

オークス(G1)ラッキーライラックは「地雷」血統!?「根拠なき」スタミナ種牡馬オルフェーヴルに流れる”ステイゴールド”の系譜とは

【この記事のキーワード】, ,
オークス(G1)ラッキーライラックは「地雷」血統!?「根拠なき」スタミナ種牡馬オルフェーヴルに流れるステイゴールドの系譜とはの画像1

「そこまでの化け物ではないと思う」

 4月に行われた桜花賞(G1)でキャリア初の敗戦を喫した2歳女王ラッキーライラック(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)だが、陣営は依然強気の姿勢を崩さぬまま桜花賞馬アーモンドアイをそう評している。

 だが、結果的に桜花賞はまさに完敗の内容だった。着差こそ1馬身3/4と大きくはないが、こちらがほぼ一杯の競馬だったことに対して、あちらはノーステッキ。ゴール前の手応えにも歴然とした差があった。

 しかし、陣営が「G1で1番人気だと普段と同じことができなくなる」と振り返っている通り、桜花賞では単勝1.8倍の圧倒的な支持を集めていたことに加えて、1枠1番という難しい枠だった。

 果たして、もしそれらがなければアーモンドアイと逆転できたのかは定かではない。だが、少なくともすでに勝負付けが済んだと思われていたリリーノーブルに半馬身差まで詰め寄られたのは、そういった不利な条件が重なったせいなのかもしれない。

 ただ、ラッキーライラック陣営がアーモンドアイに対して望みを捨てていないのは、桜花賞の内容以上に今回のオークス(G1)で「条件が好転する」と考えているからだろう。

 具体的には1600mから2400mに伸びる「距離」を歓迎しているということだ。

 実際にいくつかのメディアは馬体であったり、飛びの大きさであったり、気性面であったりと何かと理由をつけてラッキーライラックを「長距離向き」と断言。様々な根拠を用意して、陣営の主張の”裏付け”を語っている。

オークス(G1)ラッキーライラックは「地雷」血統!?「根拠なき」スタミナ種牡馬オルフェーヴルに流れる”ステイゴールド”の系譜とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  5. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRA「あの馬がいたから今の自分がある」川田将雅の原点はマル外の短距離馬!? 当時6年目の若手がトップジョッキーになった「キッカケ」とは