NEW

JRA柴田善臣「結構な馬」トーセンブレスがオークス出陣! 距離延長大歓迎

【この記事のキーワード】, ,
JRA柴田善臣「結構な馬」トーセンブレスがオークス出陣! 距離延長大歓迎の画像1

 今年の3歳牝馬の頂点を決める一戦、第79回オークス。5月20日(日)に東京競馬場で開催されるこのレースで、乾坤一擲の走りが期待されるのがトーセンブレス(美浦・加藤征弘厩舎)だ。

 昨年の9月の新馬戦以来、勝利から遠ざかっているものの、阪神ジュベナイルF(G1)4着、フラワーカップ(G3)2着、桜花賞(G1)でも4着と重賞戦線で好走。NHKマイルC(G1)に出走する意向も示唆されていたが、陣営は樫の女王を目指すことに決めたようだ。

「前走の桜花賞では勝ち馬のアーモンドアイに次ぐ、ハロン34秒2の末脚を発揮。このほかにもレースでは切れ味鋭い脚を武器に好走を続けています。東京競馬場は昨年のアルテミスS(G3)以来です。このときは、他馬がスパートをかけた際に即座に反応することができずに敗退。若さを露呈させました。

 ですが、後方から競馬をするトーセンブレスにとって長く広い直線がある東京競馬場は向いているコース。アルテミスSのときよりも成長を遂げているようですし、展開がハマりさえすれば一撃も夢ではないですよ」(競馬誌ライター)

 そのトーセンブレスは美浦のWコースで最終追い切り。単走で5ハロン84秒0-12秒9を馬なりで記録している。加藤調教師は「東スポ」の取材に対して気持ちを乗せ過ぎないようにしたといい「リラックスしていて落ち着き」があったと振り返り、「いいストライド(の走り)でした」とご満悦だったという。

JRA柴田善臣「結構な馬」トーセンブレスがオークス出陣! 距離延長大歓迎のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  3. JRA福永祐一&川田将雅、有馬記念も不参戦!? 朝日杯FS(G1)騎手変更も、さらに高まるリスク…
  4. JRAチャンピオンズC(G1)コントレイルの矢作芳人厩舎に「大番狂わせ」の期待、波乱の立役者のキーワードは「○○は○○でも」
  5. JRA昨年はアーモンドアイが「土壇場」で大逆転! そろそろ気になるコントレイルの“忘れ物”の行方
  6. JRA 川田将雅「どんな状況でも行きます」ラウズオンリーユー愛に偽りなし、関係者公認カップルの逃避行を後押しした決め手
  7. JRA「当分見納め」濃厚R.ムーア帰国の本音と建前、O.マーフィーも例の疑惑で数年無理?見えない大敵がネックとなる再来日
  8. JRAの未来はチャンピオンズCのソダシが握るか?注目5頭の検証結果!グランアレグリア、コントレイル、クロノジェネシス引退で群雄割拠の戦国時代突入!
  9. JRA【有馬記念(G1)想定】女王クロノジェネシスVS皐月賞馬エフフォーリア&菊花賞馬タイトルホルダー! 新女王アカイイト、実力派ステラヴェローチェ、ディープボンドなど【想定騎手入り】
  10. チャンピオンズC(G1)JRAの「手のひら返し」にソダシが大ピンチ、ダートは問題なしの「先入観」が命取りの決定打?