NEW

平安S(G3)関係者「至極の1頭」でグレイトパール撃破!? 「勝負になる」陣営自信の1頭は

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
平安S(G3)関係者「至極の1頭」でグレイトパール撃破!? 「勝負になる」陣営自信の1頭はの画像1

 19日(土)の京都競馬場では、ダートの重賞レース平安S(G3)が行われる。アンタレスS(G3)で約1年ぶりの復活勝利を飾った”ダート無敗馬”グレイトパールを筆頭に、惨敗したフェブラリーS(G1)からの復活が期待されるテイエムジンソク、伸び盛りの4歳馬サンライズソア、重賞2戦連続2着のミツバなど、実力伯仲のダート馬たちが出走を予定している。

 見ごたえのある熱いレースが行われることは間違いないだろう。その平安Sの開催を間近に控えたある日、私「ブロディN」の元に現場関係者から「上昇気配」が漂っているという隠れた激走馬の情報が寄せられた。

 その馬こそ、クイーンマンボ(牝4歳、栗東・角居勝彦厩舎)だ。

 昨年は、レディスプレリュード(G2)で勝利するなど重賞戦線で活躍。今年の始動戦となったマリーンカップ(G3)では2着入線。だが休養明けだったにもかかわらず、上がり3ハロン37.4秒の脚を繰り出して勝ち馬とは0.1秒差と改めてその実力の高さを証明してみせた。

 平安Sに向かうクイーンマンボについて現場記者は、「きっちり乗り込んでいて極めて順調。前走の疲れもきっちり抜けているみたいだね。調子は確実に上向きだよ」と語る。これまでとは違い、今回は牡馬相手となり苦戦も予想されるも「相手が強化されたけど、こちらは斤量が55kgと軽いので大きく崩れるということはないんじゃないかな。陣営も五分の戦いに持ち込めると考えているみたいだ」と自信をのぞかせていたという。

平安S(G3)関係者「至極の1頭」でグレイトパール撃破!? 「勝負になる」陣営自信の1頭はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!