NEW

JRA「神速二冠」アーモンドアイ驚愕の脚……の影でM.デムーロまた「無気力騎乗」疑惑?

【この記事のキーワード】, ,
JRA「神速二冠」アーモンドアイ驚愕の脚......の影でM.デムーロまた「無気力騎乗」疑惑?の画像1

 20日、東京競馬場で開催されたオークス(G1)は、アーモンドアイ(牝3 美浦・国枝栄厩舎)が、桜花賞とはまた異なる「鬼脚」を披露して圧倒。見事牝馬二冠を達成した。

 スタート時は、多くのファンが動揺したはずだ。珍しく好スタートを切ったアーモンドアイは、流れに任せて道中「6番手」でレースを進める。後方一気だった桜花賞や過去のレースとは異なる形に「大丈夫か」と思った人も多かったに違いない。1000mは逃げるサヤカチャンが作った59.6秒のペースで進んだ。

 しかし直線、そんな不安は一瞬で吹き飛ぶことになる。C.ルメール騎手のGOサインに即座に反応したアーモンドアイは、インコースを選択した2番人気ラッキーライラックと分かれる形で一緒に進出を開始。だが、一瞬でラッキーライラックを置き去りにし、先に抜け出していたリリーノーブルを並ぶ間もなく交わした。

 その後は他馬を一切寄せ付けず、粘るリリーノーブルとの差も開くばかり。結局2馬身差をつけての完勝で二冠馬の称号を手にした。

 上がりタイム33.2秒はメンバー最速。桜花賞では2位に1秒差をつける上がりタイムだったが、今回も2位とは0.7秒差。もともとのスピードの差に加え、距離もこなすとなればまさに隙なしといったところか。牝馬三冠はもちろん、牡馬相手、海外遠征にも期待を抱いてしまう圧倒的なパフォーマンスだった。

 その一方、逆転を誓ったラッキーライラックは3着、フローラS圧勝で3番人気に推されたサトノワルキューレは6着と、残念な結果となってしまった。

JRA「神速二冠」アーモンドアイ驚愕の脚……の影でM.デムーロまた「無気力騎乗」疑惑?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール