NEW

パチスロ『番長』メーカーから”1000枚”超え「激高スペック」登場!! アノ「人気シリーズ機」参戦で「逆転現象」勃発?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ『番長』メーカーから1000枚超え「激高スペック」登場!! アノ「人気シリーズ機」参戦で「逆転現象」勃発?の画像1

 今月21日、独自コンテンツでヒット作を輩出する大都技研から『パチスロ秘宝伝Rev.』(サボハニ製)、『CR秘宝伝 秘められし時の鼓動 99ver.』の2機種がデビュー。大都ファン必見の注目新機種が大きな注目を集めている。

 パチンコ『CR秘宝伝』は甘デジながらも「2400発」を搭載した爆裂仕様だが、本機はすでにライトミドル機で登場済み。やはり注目すべきは大きな進化を遂げたパチスロ『秘宝伝Rev.』だろう。

 大都技研の5.9号機ART第1弾として登場した本機。伝統の「チャンス目が出玉のカギ」や「高確率経由のART」を継承した点に加え、シリーズ初の『ライフ管理』を初採用するなど、これまでにない『秘宝伝』は登場前から熱い視線が注がれていた。

 そして、実際に遊技したユーザーからは『5.9号機ART』の導入初週では珍しく、本機の仕上りを評価するユーザーは多い。

「出玉リミッター『有利区間1500G』が唯一心配されていた点ですが、従来の『リミッターを目指す』といったゲーム性とは『一線を画した出玉設計』が高評価のようです。一部関係者からは『1000枚レベルの出玉獲得はトップクラス』と囁かれていましたからね。『5.9号機ARTの弱点を払拭した』なんて声もあります。

それに加え、ゲーム数不定の”ゲーム要素”を組み込んだ『ARTシステム』を評価する声も多いですよ。アイテムでライフを守りARTを延命させるといった『秘宝伝』の名にふさわしいゲーム性といえますね。もちろん設定の依存度は高いですが、ホールの”やる気次第”では更なる活躍に期待できますよ」(記者)

 これまでの「ゲーム数上乗せタイプ」から新機軸「冒険型ART」へ進化を遂げた『秘宝伝Rev.』。シリーズの特徴であった「爆発力」とは相反する本機だが、臆することなく「時代に適応したスペック」で作り上げた同社を評価するファンも多い。

パチスロ『番長』メーカーから”1000枚”超え「激高スペック」登場!! アノ「人気シリーズ機」参戦で「逆転現象」勃発?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!