NEW

JRA和田竜二テイエムオペラオー「追悼コメント」が泣ける……主戦騎手が世紀末覇王に示した「感謝」の気持ちに反響続々

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA和田竜二テイエムオペラオー「追悼コメント」が泣ける......主戦騎手が世紀末覇王に示した「感謝」の気持ちに反響続々の画像1

 17日に心臓麻痺により急逝したテイエムオペラオー。その主戦を務めた和田竜二騎手が20日、公式Twitterで「追悼の言葉」を綴り異例の反響を呼んでいる。

 2000年に年間無敗のグランドスラムを達成するなど「この馬がいなければ、今の自分はない」と述べるほど、和田騎手にとって掛け替えのない存在の訃報を聞いたのは19日の最終レース後。

 大きなショックを受けたが、翌日にもレースが控えているため「記憶にずっと残る馬。また思い出しながら、騎手をやっていきたいし、これからも天国から見守ってほしい」とコメントを発表するに留めた。

 20日の最終レースを勝利で飾ったのは、主戦騎手の意地か。レースを見守ったネット上の競馬ファンも「和田のプロ根性を見たわ」「こんな日に1つ勝てて良かった」「最後はオペラオーが背中押してくれたな」など、「世紀末覇王」として20世紀最後の競馬を彩った歴史的名馬の死に思いを馳せた。

 その後、和田騎手は自身のTwitterを更新して、次のようにツイートしている。

「昨日のことのようにあなたの背中の感触があります。
心がえぐられるような悲しみが襲ってきます。
自分にとって大切なこと…大事なことは…

元気に走り回っていたようですね…
先生もあなたらしいと言われてたよ。
ありがとうね
あなたのおかげでまだここにいます」

「まだまだ私は走ります。
あなたのように速く強くなりたいから…
ご冥福をお祈りいたします。」(原文まま)

 このツイートに、当時を知る多くの競馬ファンが反応。2つのツイートに200件以上の温かいメッセージが寄せられたほか、リツーイトは8000を超え、2万を超える「いいね」が集まるなど競馬絡みのツイートとしては異例の反響があった。

JRA和田竜二テイエムオペラオー「追悼コメント」が泣ける……主戦騎手が世紀末覇王に示した「感謝」の気持ちに反響続々のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!