NEW

リリーノーブル骨折……アーモンドアイ「歴史的強さ」に立ち向かった「最高レース」の代償?の声も

【この記事のキーワード】, ,
リリーノーブル骨折......アーモンドアイ「歴史的強さ」に立ち向かった「最高レース」の代償?の声もの画像1

 先日のオークス(G1)で2着に入ったリリーノーブル(牝3 栗東・藤岡厩舎)が、右前第一指骨の剥離骨折と判明した。全治3か月以上だという。

 関係者は取材に「極々軽いもので、秋競馬には間に合います」と語っていたようだが、世代の「No.2」の離脱に心配の声が多くなるのも当然だ。

 リリーノーブルはここまで阪神JF2着、桜花賞3着、オークス2着とG1ですべて馬券圏内に入る実力馬。負けた相手も衝撃的な二冠を達成したアーモンドアイと2歳女王ラッキーライラックのみであり、3歳牝馬「3強」の一角としての立場を有している。

 特に、前走オークスでの走りは圧巻だった。道中3番手につける積極策で、直線では力強く早め先頭。「勝利」を狙ったまさに乾坤一擲の走りで「例年なら」樫の女王に輝いていたはずだ。川田将雅騎手の好騎乗に十分応えた形といえるだろう。

 しかし、残念ながら今年は「別格の怪物」がいた。最高最上のレースを見せたリリーノーブルをあっさり捉えたアーモンドアイ。最後は流して2馬身の差をつけられてしまった。最高の作戦、最高のレースをした上での完敗は、あまりに残酷である。

「次は勝てるか? と聞かれれば誰もが口をつぐんでしまうようなレースでしたね。それほどまでアーモンドアイの強さが際立つ結果となってしまいました。

また、一部ではリリーノーブルが『アーモンドアイに勝つため、限界を超えた走りを見せた』とし、その反動で骨折したのではという意見も。真偽はわかりませんが、アーモンドアイに勝つにはそれくらいの走りが必要なのかもしれません。そう思わせるほどの内容でした。ただ、やはり『1強』ではつまらない。秋にまた元気な姿でアーモンドアイと激突してほしいですね」(競馬記者)

 ベストな状態で、またアーモンドアイと……。ファンの多くがそう願っているはずだ。歴史的名馬への階段を登るアーモンドアイを止める第一候補として、完全復活を願っている。

リリーノーブル骨折……アーモンドアイ「歴史的強さ」に立ち向かった「最高レース」の代償?の声ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  3. JRAオークス(G1)はサークルオブライフ&M.デムーロが勝つ! 勝利を後押しする4つの圧倒的要素とは?
  4. JRA【平安S(G3)予想】大本命テーオーケインズから紐荒れ狙いで「好配当」狙う穴馬をピックアップ
  5. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  6. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  7. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  8. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  9. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  10. 「川田が選んだ」で過信禁物!? アートハウスが過大評価と言えるワケ