NEW

日本ダービー(G1)エポカドーロ「狂気の血」が常識を覆す!? 最強調教師「皐月賞向き」断言も東京2400mで「覚醒」できる理由

日本ダービー(G1)エポカドーロ「狂気の血」が常識を覆す!? 最強調教師「皐月賞向き」断言も東京2400mで「覚醒」できる理由の画像1

 2010年、日本ダービー(G1)。歴史に残る究極の瞬発力勝負を制したのは、後に有馬記念(G1)を勝ち、日本競馬史上唯一無二のドバイワールドカップ(G1)制覇を成し遂げる皐月賞馬ヴィクトワールピサでもなく、名伯楽・藤沢和雄調教師の悲願を託されたペルーサでもなく、後の天皇賞馬ヒルノダムールでもなく、7番人気の伏兵エイシンフラッシュだった。

 エイシンフラッシュ、通算27戦6勝2着3回3着7回。主な勝ち鞍:日本ダービー(G1)、天皇賞・秋(G1)、毎日王冠(G2)。後になって戦績だけを振り返れば、典型的な東京巧者。日本ダービーでも、この皐月賞3着馬が「ダービーを勝てるかも」と予想した人は少ないながらもいたはずだ。

 しかし、京成杯(G3)勝ちが示す通り、如何にも小回りの皐月賞向きで、キャリア最速の上がり3ハロンが34.4秒に過ぎなかった当時の本馬が、上がり3ハロン32.7秒の鬼脚で究極の瞬発力勝負を制すとまで予測できた人は、さすがに超マイノリティだろう。

 そんな中、当時からエイシンフラッシュを「ダービー向き」と公言していた人物がいる。本馬を管理していた藤原英昭調教師だ。

 あれから8年。藤原厩舎は現在、2位の角居勝彦厩舎に11勝差をつける断トツのリーディングをキープ。騎手リーディング首位のC.ルメールを上回る3着以内率0.553という驚異的な数字を残している。

 今年の皐月賞馬エポカドーロは、そんな藤原厩舎から出現した新エースだ。

日本ダービー(G1)エポカドーロ「狂気の血」が常識を覆す!? 最強調教師「皐月賞向き」断言も東京2400mで「覚醒」できる理由のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  8. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?