NEW

JRA丸山元気「初日本ダービー」に感激! アドマイヤアルバ騎乗を呼び込んだ「バイオリズム」

【この記事のキーワード】, ,
JRA丸山元気「初日本ダービー」に感激! アドマイヤアルバ騎乗を呼び込んだ「バイオリズム」の画像1

 2018年の1回新潟開催(4/28〜5/20)のリーディングジョッキーは、12勝を挙げた美浦の丸山元気騎手。2010年、2016年に続いて3度目。5/20現在、全国リーディング12位で31勝を挙げており、昨年の年間勝利数は29勝なので、半年も経たずにすでに上回っている。絶好調だ。

 かつて2年目の2010年92勝、2011年72勝を挙げるなど活躍していた丸山騎手だが、このところは年間30勝前後。騎乗数はそれなりに確保できているが、エージェント制が普通となっている昨今、良い馬は外国人ジョッキーやリーディング上位の騎手に渡るため、そこで勝ち星を積んでいくのはキツイことだろう。

「ところが、本人は我々の見方とは少し違っているようです。以前、丸山騎手は『あの頃(2010、2011年)は出来過ぎで、恵まれた結果でした。いつもそこと比較されるんですが、このところの自分の成績が今の自分なんです』と語っています。なので本人は近年の30勝台とあの2年とを比較することは無いようです。ただ、年間50勝を目標にしているので、そこに到達できていない自分に苛立ちはある。しかし今は、根本厩舎に野中悠太郎騎手、そして、藤田菜七子騎手が所属となり、先輩ジョッキーとして厩舎を盛り立てていて、昨年は2年目以降の成績ではワーストの勝利数でしたが、腐ることなく今年は積極的に乗りに行っていますね」(競馬記者)

 勝ち星が増えれば騎乗依頼も増えるのは自然なことであり、そんなバイオリズムの好転は、新潟大賞典で11番人気のナスノセイカンを3着に持ってきて、万馬券を演出したことなどに繋がって行く。

 新潟リーディングが決定となったときの丸山騎手の談話で、「まだまだ勝てるレースもありましたが、いい流れを続けることが出来ました。今回の新潟での好調があったからこそ来週のダービー初騎乗に繋がったと思いますので、この調子を維持できるように頑張ります」と語っていた。

 そう、今週27日に開催される日本ダービーで、丸山騎手はアドマイヤアルバへの騎乗が決まったのだ。昨年の桜花賞以来。なんと1年2カ月ぶりのG1騎乗を大変喜んでいた。

JRA丸山元気「初日本ダービー」に感激! アドマイヤアルバ騎乗を呼び込んだ「バイオリズム」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  2. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  3. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  4. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  5. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  6. JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち
  7. JRA日本ダービー(G1)「重賞勝ち」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望に
  8. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  9. JRAオークスでファンを悩ませる川田将雅とアートハウス、ルメールとスターズオンアースの乗り替わり。そして盲点となる意外な穴馬!
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」