NEW

パチンコ「”万発”到達率」最強レベル間もなく登場? 王座『北斗7』を超える「爆裂性能」に熱視線

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「万発到達率」最強レベル間もなく登場? 王座『北斗7』を超える「爆裂性能」に熱視線の画像1

 パチンコ「10,000発獲得率」平均値は驚愕の○○%!? 恐るべき爆裂機の登場が噂されている。

 大当たり確率の上限が1/320、確変継続率が65%以下となる自主規制が開始されて約2年。初当たりまでのハードルが低くなった代償に、連チャン性能は大幅に低下。射幸性を求めるユーザーの喪失感は相当大きかったはずだ。

 しかし、メーカーの涙ぐましい努力により、再びホールを鉄火場にする「強烈スペック」が世に誕生することになった。確率継続率に左右されない「小当たりRUSH」、時短機能を応用した「1種2種混合機」が代表例として挙げられる。

 その傾向が顕著に現れたのは昨年頃。一撃2400発+小当たりRUSHを搭載した『CRぱちんこGANTZ』(京楽産業)、継続率80%を実現した『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』(SANKYO)は、ファンの心を鷲掴みにした斬新すぎる出玉システムだったのでないか。

 そんな爆裂スペックは今年になっても続々と登場予定。小当たりRUSH史上「最高峰スペック」を搭載した『CR弾球黙示録カイジ4 HIGH&LOW』(高尾)は、右打ち時「1920発+小当たりRUSH or 2R通常」というまさに”一か八か”という極端な出玉設計となっている。

 さらに、かねてより登場を囁かれていた今年一番の注目機種『ウルトラセブン2』(京楽産業)は、右打ち中の出玉振り分けが「50%で2400発+小当たりRUSH」という同社の『GANTZ』をも超える性能を実現。射幸性の高さという意味では、新基準機開始から最も注目される年だろう。

パチンコ「”万発”到達率」最強レベル間もなく登場? 王座『北斗7』を超える「爆裂性能」に熱視線のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!