NEW

JRA福永祐一「ダービー制覇」20年の軌跡。くじけない思いで掴んだ「絆」の勝利

【この記事のキーワード】, ,

 途中、惜しかったレースもあった。2007年、14番人気アサクサキングスで逃げ切りを図り、あと少しでウオッカに差されて2着。2009年、朝日杯FS優勝馬・皐月賞3着だったセイウンワンダーが3番人気で出走するも、不良馬場に泣き13着。2012年、皐月賞2着と取りこぼしたワールドエースが巻き返しを期待されて1番人気の支持を受けるも4着敗北。2013年、皐月賞2着で3番人気エピファネイアは追い込むも2着に。2015年、皐月賞2着から巻き返しを図る2番人気リアルスティールは4着。なぜこんなにダービーのゴールが遠いのか、本当にあと一歩のレースが続いていたのだ。

 そして迎えた今回の日本ダービー。ワグネリアン(牡3 栗東・友道康夫調教師)で挑むことになる。前走皐月賞は1番人気だったが、稍重は得意な馬場ではなかった、1枠1番の枠でありながら、スタート直後に福永騎手は、ワグネリアンを下げて外に出す動き。前残り決着になったが、後方から追い込んで勝てるほどの脚はなかった。

 このことで福永騎手は「なぜ前に行かないのか」とファンやマスコミに相当叩かれた。ところが、福永騎手も陣営も悲壮感がなかった、じつは敗因がハッキリしていたのだ。

「じつは、連戦で疲れが少し出ていたワグネリアンの調教方法を陣営が少し変えたんですね。それが裏目に出たようで。これを元に戻してダービーまでに馬体を作り上げていったようです。あと、もう一つは、ワグネリアン自体が精神的に弱く、包まれると揉まれて競馬ではなくなってしまうんですね。そのために福永騎手は、内枠でありながら馬を下げて外に出したということらしいんです」(同記者)

JRA福永祐一「ダービー制覇」20年の軌跡。くじけない思いで掴んだ「絆」の勝利の画像3

 明らかに日本ダービーは、皐月賞にくらべて好転していたのだ。

 友道厩舎の仕上げは”メイチ”と言われる究極の馬体で、スタッフからは冗談半分で「祐一さん、今度は頼みますよ、攻めてくださいよ」と言われ、福永騎手も「よし分かった」と答えていたという。

JRA福永祐一「ダービー制覇」20年の軌跡。くじけない思いで掴んだ「絆」の勝利のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール