NEW

JRA福永祐一「ダービー制覇」20年の軌跡。くじけない思いで掴んだ「絆」の勝利

【この記事のキーワード】, ,

 ダービー当日は、輪乗りで福永騎手は調教助手に「外差しが決まってるけど、前10番手以内につけたいんだよ」と言っていたらしい。調教助手もゲート入れ時に福永騎手に「福永さん、信じてください」と馬のデキの良さを伝えて福永騎手と馬を送り出したという。

「後の談話で語ってましたが、その時の調教助手の言葉を聞いて、福永騎手の気持ちは固まったらしいですね。この想いに応えようと。ブレない騎乗をしようと腹を括ったんですよ」(現場記者)

 レース本番、スタートすると福永騎手は外目を走って前目につけて追走。レース前に欲しいと言っていたポジションを確保できた。直線は追い出すとエポカドーロに併せていった。福永騎手は、最後追っている時は横は向かずただひたすら下を向いて追っていたという。最後の最後、抜け出して1着に。

JRA福永祐一「ダービー制覇」20年の軌跡。くじけない思いで掴んだ「絆」の勝利の画像4

 18回のチャレンジでも腐らずに、前を向いて取り組んできたからこそ、今の結果がある。一人で叶えられるものではないと改めて噛み締めているのではないか。あのキングヘイローの逃げから20年。福永祐一騎手は、志半ばでムチを置いた父・洋一氏の思いも込めて最後の直線は追っていたのだろう。それが最後のワグネリアンの伸びに繋がったのかもしれない。まさしく厩舎、家族と福永騎手、そしてワグネリアンが一体となって制覇した今年の日本ダービー。今後も語り継がれる”ドラマ”であろう。

JRA福永祐一「ダービー制覇」20年の軌跡。くじけない思いで掴んだ「絆」の勝利のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか