NEW

JRA悲鳴!? 宝塚記念「まるでG2」アルアインも回避でいよいよ崖っぷちギリギリメンバーに

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA悲鳴!? 宝塚記念「まるでG2」アルアインも回避でいよいよ崖っぷちギリギリメンバーにの画像1

 今年も”グランプリ”の意味が問われる寂しいレースになってしまうのかもしれない。

 6月24日に阪神競馬場で開催される宝塚記念(G1)。春のG1シーズンを締めくくる大切な一番だが、今年も早くから出走回避を表明する馬が続出。そして、残念ながら昨年の皐月賞馬であるアルアインも、所有するサンデーサラブレッドクラブが体調が整わないことを理由に同社HPで宝塚記念の出走を見送ると発表した。今後はノーザンファーム天栄へ放牧に出され、8月19日の札幌記念(G2)での復帰を目指すそうだ。

 スワーヴリチャード、ペルシアンナイトは安田記念(G1)に出走するためグランプリ参戦は不透明だが、ローテーションとしては厳しいか。天皇賞・春を勝利したレインボーラインは故障で戦線離脱し、シュヴァルグランは春全休を陣営が明言している。さらにドバイシーマクラシック(G1)帰りのレイデオロも回避が濃厚と見られており、モズカッチャンは次走に札幌記念を予定しているようだ。

 今回のアルアインの回避表明で、宝塚記念ファン投票の中間発表の上位10頭のうち、4頭が回避を表明しており、さらに3頭が回避濃厚。出走予定はサトノダイヤモンド、サトノクラウン、キセキの3頭と寂しい状況になっている。

JRA悲鳴!? 宝塚記念「まるでG2」アルアインも回避でいよいよ崖っぷちギリギリメンバーにのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!