NEW

JRA蛯名正義「悔しさ」消えずの現場……悲願日本ダービー制覇、福永祐一の影で

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA蛯名正義「悔しさ」消えずの現場......悲願日本ダービー制覇、福永祐一の影での画像1

 27日の日本ダービー(G1)で、悲願のダービー制覇を成し遂げた福永祐一騎手。

レースで騎乗したワグネリアンが入ったのは8枠17番。この外枠は通算[1.0.1.23]で勝率4%しかなく、管理する友道調教師も枠順発表後「最悪だね」とつぶやいたほど厳しい戦いが強いられることになった。

 だが福永騎手は親しい関係者に「これで勝つためには出して行くしかなくなった」と語ったという。良い意味で開き直ったのだろう。その言葉通り、これまでの後ろからの競馬からは一変。本番では外目を走って4、5番手から追走。最後の直線で懸命に追われたワグネリアンは、残り100mで先頭を走るエポカドーロを捉えて見事に差し切って見せた。

 積極的な仕掛けで最悪枠からの勝利を飾った福永騎手。現場記者は、「1番人気に支持されたダノンプレミアムに騎乗して5着に敗れた川田将雅騎手も、レース後に笑顔を浮かべて福永騎手を迎えていました。あの見事な騎乗を見せられて、負けて悔いなしという気分だったのでは」と語るように、業界からも惜しみない賛辞が送られているようだ。

 福永騎手をダービージョッキーに押し上げたワグネリアンの今後について、関係者は「菊花賞には行かないと思います」と漏らしていたという。現状では海外の予定もないとのこと。2冠馬を目指さないのは寂しい限りだが、今年のダービー馬が今秋はどこから動き出すのかも気になるところだ。

 今回、19回目の挑戦で悲願を達成した福永騎手。だがその影に隠れる形で、またも涙を飲んだ騎手もいる。

JRA蛯名正義「悔しさ」消えずの現場……悲願日本ダービー制覇、福永祐一の影でのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!