NEW

パチンコ「甘デジ」超越する”ゲキ甘”衝撃スペックのウワサ…… 連チャン率「○○%オーバー」大当たり出玉は驚異「オール1000発」超えか!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「甘デジ」超越するゲキ甘衝撃スペックのウワサ...... 連チャン率「○○%オーバー」大当たり出玉は驚異「オール1000発」超えか!?の画像1

 パチンコ「現行機史上最強」”激甘スペック”がついに登場!?

 自主規制により確変突入率が65%以下、大当たり確率の下限が1/319と大幅に下方修正されたパチンコ機。デジパチといった確変で管理される機種は当然ながら、出玉規制の煽りをモロに受けていた訳だが……。

 変則スペック「1種2種混合機」の発展により状況は一変。同スペックで絶大な支持を得た『初代牙狼』『AKB48』を応用し、連チャン率を極限まで高めることに成功した。パチンコ機の「新たな可能性」を大いに感じることができただろう。

 昨年、ライトミドル機として登場した『CRF戦姫絶唱シンフォギア』(SANKYO)を筆頭に、ミドルスペック『魔法少女まどか☆マギカ』が現在もホールで活躍中。今年7月には連チャン率が変動する新スペック機『CR七つの大罪』(サミー)が登場予定と、本スペックへの関心はさらに高まりそうだ。

 そんな「1種2種混合機」に関して注目してほしい点がいくつかある。

 上記で挙げた機種はどれも「ライトミドルスペック」「ミドルスペック」と大当たり確率1/199よりも重いスペックばかりだ。大当たり確率1/100前後の「甘デジスペック」はあまり目立った活躍がない傾向にある。

 実際、変則仕様で販売された『CR Another』『CRA大江戸学園~神~』は、登場当初こそは注目を集めたものの、大ヒットとは呼べない印象。

「甘デジ×混合機」との相性が危惧されているが……。

パチンコ「甘デジ」超越する”ゲキ甘”衝撃スペックのウワサ…… 連チャン率「○○%オーバー」大当たり出玉は驚異「オール1000発」超えか!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!