NEW

武豊ジャンダルム「仏遠征」キタノコマンドール「故障離脱」の可能性?ワグネリアン、ダノンプレミアムら続々「回避」濃厚の菊花賞が今年も大ピンチ……

【この記事のキーワード】, ,
武豊ジャンダルム「仏遠征」キタノコマンドール「故障離脱」の可能性?ワグネリアン、ダノンプレミアムら続々「回避」濃厚の菊花賞が今年も大ピンチ......の画像1

 先週で日本ダービー(G1)が終わり、残すところ菊花賞(G1)を残すのみとなったが、その牡馬クラシック最後の一冠が、今年も窮地に立たされている。

 近年は中距離に有力馬が集中する傾向があり、3000mの菊花賞を嫌う有力馬は少なくない。特に、昨年は日本ダービーを勝ったレイデオロと2着のスワーヴリチャードが、相次いで菊花賞の回避を発表。3着のアドミラブルも故障による長期離脱となり、ダービー上位馬が不在のメンバー構成となり「低レベル化」が問題視されていた。

 それでも皐月賞馬アルアインなどが出走したことで一定の体裁は保たれたが、今年も昨年同様に早くも”暗雲”が立ち込め始めている。

 まず、先週の日本ダービーを制し、3歳牡馬の頂点に立ったワグネリアン(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)だが、近しい関係者が「菊花賞には行かないと思います」と漏らしているという。本馬はダービー前から「東京コースでこそ」と言われていた存在。菊花賞をパスして、東京コースで開催される天皇賞・秋(G1)に向かう可能性は決して低くなさそうだ。

 さらに日本ダービーで1番人気に支持されながらも、キャリア初の敗戦を喫したダノンプレミアム(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)も、レース後に川田将雅騎手が「2400mをよく我慢してくれました。ゴールしてからすぐ止まってしまうほど精一杯でした」とコメントしているように2400mでもやや長いのかもしれない。とても菊花賞に進むような気配ではなく、秋はマイル路線に進む可能性すらあるといえそうだ。

武豊ジャンダルム「仏遠征」キタノコマンドール「故障離脱」の可能性?ワグネリアン、ダノンプレミアムら続々「回避」濃厚の菊花賞が今年も大ピンチ……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」