NEW

キタノコマンドール屈腱炎発症……以前からの「兆候」とオーナーサイドの事情、そして「血筋」

【この記事のキーワード】, ,
キタノコマンドール屈腱炎発症......以前からの「兆候」とオーナーサイドの事情、そして「血筋」の画像1

 ショックな情報が競馬界を駆け巡った!

 DMMドリームクラブの期待馬、キタノコマンドールが屈腱炎を発症したというのだ。関係者、ファンのみならず、マスコミにも衝撃が走っている。

 キタノコマンドールは、DMMドリームクラブが2016年セレクトセールで1億9000万円で落札。新しいシステムの一口馬主制度「DMMバヌーシー」、ビートたけしが馬名を命名したということでも話題にもなった馬だ。

 新馬勝ち後2戦目、すみれSを上がり最速で勝ち上がり。3戦目でG1の皐月賞へ挑戦。稍重の馬場と展開に泣くも、上がり最速で5着に入りダービー優先出走権をゲットした。4戦目の日本ダービーは12着に終わるも、能力の高さを示す春の戦いにファンは今後の活躍に期待を寄せた。しかし、その直後の31日にDMMバヌーシーのファンサイトでキタノコマンドールの長期休養の報告がなされた。この報に関係者、ファンはガックリ肩を落としたことだろう。

「仕上がりが遅くデビューが昨年の暮れでしたが、もともと脚元が良くなかったのかもしれません。馬主の意向でダービーに向かったのでしょうが、その代償は大きかったですね」(競馬記者)

皐月賞後に日本ダービーに向かうことをすぐ表明できなかったことや、ダービーウィークに池江泰寿調教師が「ちょっとコズみが出てるんで」と脚元の不安を口にしていたことを考えれば、脚の具合がもともと悪かったと想像させられる。

 調教が中間は軽く流し、最終追い切りをウッドコースで最後の1ハロンだけ強めで追うというパターンだったのも、脚元を考慮してのことだろう。

キタノコマンドール屈腱炎発症……以前からの「兆候」とオーナーサイドの事情、そして「血筋」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA武豊「G1・9勝馬弟」と急遽新コンビ決定!好条件で一発を期待されるレジェンドが持つ「ある不名誉な記録」とは
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  5. JRA【東海S(G2)予想】福永祐一不在のオーヴェルニュは迷わず切り! 「単勝万馬券」級の穴馬の激走で高配当を狙う!
  6. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  7. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? 「矛盾」するJRA賞結果にファンの非難殺到…戸崎圭太「約10億円」超豪華な裏切り【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  9. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  10. JRA 尊敬する先輩・福永祐一から団野大成へバトンタッチ。年明け早々、ライバル同期が次々と重賞勝利する中、オーヴェルニュを勝利に導けるか