NEW

「パチスロ5号機問題」超え危機を「完全解決」!? 進化が止まらないサービス......まさかの「囲炉裏」が激アツ!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「パチスロ5号機問題」超え危機を「完全解決」!? 進化が止まらないサービス......まさかの「囲炉裏」が激アツ!!の画像1

 店舗数の減少が止まらないパチンコ業界。最盛期には1万8000店を誇ったものの、2017年には店舗数が1万店を割ったことが明らかになった。

 そして、この流れは加速しそうな気配だ。

 全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は、4月末時点の組合加盟店舗数が9531店であることを発表。ホール倒産はハイペースで進行している印象だ。

 未だ20兆円を超える市場規模を誇ってはいるが、現在のパチンコ業界に「30兆円産業」と呼ばれた頃の勢いは感じられない。

 追い打ちをかけるように、今年2月からは出玉規制が開始。今後も規制が強まっていくことが確実される状況で「何をするか」という点は非常に重要な問題だ。

「パチスロ4号機時代の終了によって起こった、倒産ラッシュの再来を予想する声は多いです。倒産件数が過去最高の水準になったアノ時代は、業界にとってまさに"悪夢"......。出玉が大幅に規制される今回は、さらに厳しい結果になるかもしれません。

重要なのは『ユーザーの大幅な減少を防ぐ動き』ですよね。その1つとして挙げられるのが『店舗サービス』でしょう。近年は清潔感の溢れるホールが多いだけではなく、無料サービスも充実するなど一昔前とは全く違う空間となっています。各ホールの努力の積み重ねが、遊技人口の底上げへ大きな影響を与えると思いますね」(パチンコライター)

 進化し続けているパチンコ店のサービス。最近では「健康に役立つサービスの提供」や「ネイルアートを体験できる」という、一風変わったサービスを実施するホールも増えてきた。このような斬新な取り組みは「リピーター」や「新規ユーザー」の獲得が可能な手法として注目されている。

 つい先日も「遊技通信」(遊技通信社)6月号が報じた「店内で食材を調理できるサービス」が話題だ。

「パチスロ5号機問題」超え危機を「完全解決」!? 進化が止まらないサービス......まさかの「囲炉裏」が激アツ!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチスロパチンコパチンコ店の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!