NEW

安田記念(G1)JRA栗東関係者「絶賛」の2頭で決まりか……ハイレベル混戦を断つのはやはり……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安田記念(G1)JRA栗東関係者「絶賛」の2頭で決まりか......ハイレベル混戦を断つのはやはり......の画像1

 6週連続G1開催もいよいよラスト!

 今週3日(日)は安田記念(G1)が行なわれる。マイル王を決めるいつもの安田記念とは違い、今年は各距離の王者たちが一堂に会し、最強馬を決めるような戦いに変貌している。また、伏兵馬も実力揃いで力差は感じない。そんな混戦のマイル戦をどの馬が制するのか?

 今回は、栗東から耳寄りの情報がもたらされたので、2頭をご紹介する。

 まずは、サングレーザー(牡4 栗東•浅見秀一厩舎)。

 今週の最終追い切りは栗東の坂路。福永騎手を背に追い切りを行ない、終始軽い手応えのまま、サラッと流す程度(4F57.6秒)。

「いつも、最終追いはこの程度で、速い時計は日曜に2週連続で出してますし(4F51.4秒、4F51.8秒)、いい状態ですよ」(現場記者)

 前走のマイラーズC(G2)は今年初戦で1着。中5週のローテーションで疲労もない。

「前走はすべてがハマった感じがしますが、それでも強い勝ち方でした。走り方なんかも良くなってますよ」(厩舎関係者)

 昨年、5月の500万下クラスから連勝してオープン入りし、10月のスワンSも勝ち4連勝。初G1のマイルCSは3着に敗れ連勝はストップするものの、7番人気の低評価を覆しこの馬の力は見せられた。まだまだ成長中の4歳馬である。

 不安が囁かれる左回り(1戦3着1回)は「経験が少ないですが、手前はスムーズに替えられますから」(厩舎関係者)と心配はいらないとのこと。

「今年1戦して安田記念に乗り込んでくるのは、海外帰りのリアルスティールとこの馬だけ。前走勝って賞金を上積みできたので、目標だった安田記念までじっくりと自厩舎調整してきました。いわば”一番ここを狙っている馬”だと言ってもいいでしょう。陣営も力が入りますよね」(同記者)

 強敵揃いのメンバーだが、ここはマイルのスペシャリストとして力を見せて、トップマイラーの地位を確立したいところだ。

安田記念(G1)JRA栗東関係者「絶賛」の2頭で決まりか……ハイレベル混戦を断つのはやはり……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!