NEW

パチンコ店「北斗」「番長」大型コンテンツはもはや必要なし!? 大型連休「ゴールデンウィーク」で見えた新たな糸口

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ店「北斗」「番長」大型コンテンツはもはや必要なし!? 大型連休「ゴールデンウィーク」で見えた新たな糸口の画像1

 これからの新台パチンコ・パチスロは「超ビックコンテンツ」が目白押し。業界を代表する”主役たち”が顔を揃えており、パチンコホールではアツイ「覇権争い」が予想される。

 今月はパチンコ界の覇者『CR北斗の拳7 百裂乱舞』(サミー)、時速3万発と囁かれる爆裂機『CR弾球黙示録カイジ HIGH&LOW』。7月にはかつて爆裂性能で名を残した伝統コンテンツ『ウルトラセブン2』(京楽産業)が登場予定。

 どれも出玉性能を押し上げる人気システム「小当たりRUSH」を搭載、そして各メーカーが誇る「看板機種」が名を連ねている状況だ。

 一方パチスロは、業界で金字塔を打ち立てた『ゴッド』シリーズからスピンオフ作『ゆるせぽね』、ノーマルタイプの王者『マイジャグラーIV』と、パチンコに比べてやや弱い印象だが注目機種であることに違いない。

 このような大型コンテンツの導入は、当然ながらユーザーからの注目度が高い。それと同時に、パチンコホールにとって集客を図る最も効果的な手段といえる。

 パチンコの場合、1店舗あたりの導入台数は「20~30台規模」が当たり前であり、一部では「50台以上」導入する店舗があるほど。稼働率を底上げし、ホールの利益を左右する”キーマン”となる存在だ。

 しかし、上記ラインナップを見れば分かる通り、どれもゴールデンウィーク(以下、GW)以降の販売である。ホールにとって大型連休は、通常営業以上に集客が図れるまさに”稼ぎ時”のシーズン。

 そうした状況もあり、新台ビックコンテンツが存在しない「2018年GW」を危惧する声が相次いでいたが……。

パチンコ店「北斗」「番長」大型コンテンツはもはや必要なし!? 大型連休「ゴールデンウィーク」で見えた新たな糸口のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!