NEW

JRA川田将雅騎手「ドン詰まり」でペルシアンナイト撃沈……安田記念(G1)勝ったC.ルメール騎手との「デムーロ信者ぶり」で明暗?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA川田将雅騎手「ドン詰まり」でペルシアンナイト撃沈......安田記念(G1)勝ったC.ルメール騎手との「デムーロ信者ぶり」で明暗?の画像1

「道」が開かれることはなかった。

 3日に東京競馬場で開催された安田記念(G1)は、C.ルメール騎乗のモズアスコットが優勝。当初、除外対象であった影響で連闘での参戦となったが、このレースを「日本一勝ちたい」と公言する矢作芳人厩舎の執念が、9番人気の低評価を覆す勝利を呼び込んだ。

 レース後に「スタートして400mのところでぶつけてしまい、ポジションを探しました」とルメール騎手が話した通り、コーナー入り口に馬群が殺到した影響でポジションを下げる難しい展開。しかし、腹を括って中団やや後方で折り合うと、1番人気のスワーヴリチャードが抜け出した進路を通って鮮やかに突き抜けた。

 まさに鞍上の冷静な判断力が光ったレース。だが、その一方で抜群の手応えで最後の直線に向きながらも「道」を見つけることができなかったのが、ペルシアンナイトの川田将雅騎手だった。

 昨秋のマイルCS(G1)の覇者として、2番人気に支持されたペルシアンナイト。勝ったモズアスコットのすぐ外側で最後の直線を迎えたが、広い東京の直線の中で一番狭いところを選んでしまった。

 まさに「前が壁」といった状況となり進路がまったく開かないまま、結局まともな競馬ができたのはラスト100m程度……直線を向いた際の手応えは決して悪くなかったが、掲示板にさえ載れない6着に終わってしまった。これには川田騎手も「直線で道を作ることが出来ず申し訳ない競馬になりました。すみませんでした」と肩を落とす他なったようだ。

「ペルシアンナイトにとってはもったいない競馬になってしまいました。特に対照的だったのが、最後の直線で同じような位置にいたモズアスコットとの比較ですね。

ルメール騎手がレース後に『前にスワーヴリチャードを見て、直線でマークしました』と話していた通り、モズアスコットの最大の勝因はある意味、ルメール騎手のスワーヴリチャードとM.デムーロ騎手に対する”信頼感”だったと思います。ルメール騎手も『このコンビなら、必ず抜け出す進路を作ってくれるはず』と信じていたのではないでしょうか」(競馬記者)

JRA川田将雅騎手「ドン詰まり」でペルシアンナイト撃沈……安田記念(G1)勝ったC.ルメール騎手との「デムーロ信者ぶり」で明暗?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!