NEW

パチンコ新台「最凶の爆裂機」登場にホールは鉄火場へ!?「変則クルーン」「超ビッグコンテンツ」熾烈を争う注目ラインナップ

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ新台「最凶の爆裂機」登場にホールは鉄火場へ!?「変則クルーン」「超ビッグコンテンツ」熾烈を争う注目ラインナップの画像1

 先月導入されたパチンコ新機種は出玉感に期待できるスペックが目立ち、ヘソ・電チューともに2000発獲得に期待できる『CRキャプテン翼 黄金世代の鼓動』(サンセイR&D)や、右打ち時の2400発比率70%を誇る『CRミリオンゴッドディセント』(メーシー)など人気コンテンツが顔を揃えた。

 ユーザーからの評判は良好で「翼の演出・役物を採用した決断がすごい」「今までのなかで最も『ゴッド』らしいデキ」とスペック面のみならず、演出面の仕上がりも好評の様子。しばらくは安定した稼働が見込めそうである。

 そんなパチンコ新台の勢いは6月でも収まる気配がなさそうだ。今月4日、これまでの機種とは一線を画した”超注目機種”がデビューを飾り、当日から大きな話題となっている。

 まずは、変則仕様で高継続率を実現した『CR犬夜叉ジャッジメントインフィニティ』(D-light製)。

 スペックは液晶デジタル+役物で初当たりを狙う「1種2種混合機」で、ヘソのスタートチャッカーを狙い小当りである「最終決戦図柄停止」で役物内に玉を入れてV入賞を目指すゲーム性だ。

 V穴入賞後に突入する「ストックタイム」中は200秒間に仲間を集めることができれば、大当りが見込める仕様。保留を含めた最大8回転で期待度は約60%と約40%と、高い継続率を実現している。

 すでに直営店では先行導入が行われ、その時点で「出玉性能の高さに驚き」「何度でも挑戦できる役物が面白い」と大きな賑わいを見せており、それは全国導入日でも同様だ。

 当然、役物機の特性上ホールの”やる気”次第という要素も持ち合わせているが……満足のいく環境で遊技したユーザーからは、特に大きな不満点はない様子。今後の稼働にも期待できる新機種なのでないか。

 そして、導入前から熱視線を浴びていた機種といえば、出玉スピード「時速3万発」と囁かれる小当たりRUSH機『パチンコCR弾球黙示録カイジ HIGH&LOW』(高尾)だ。

パチンコ新台「最凶の爆裂機」登場にホールは鉄火場へ!?「変則クルーン」「超ビッグコンテンツ」熾烈を争う注目ラインナップのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!