NEW

JRA坂井瑠星騎手「下手くそ」呼ばわりの裏。モズアスコット「OP敗戦」に酷評集中!? 安田記念(G1)覇者で出遅れ、大外分回し2着……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA坂井瑠星騎手「下手くそ」呼ばわりの裏。モズアスコット「OP敗戦」に酷評集中!? 安田記念(G1)覇者で出遅れ、大外分回し2着......の画像1

「安田記念はこれまで2着3回、悔しい思いをしてきました。勝てて本当に嬉しいです」

 そんな師の言葉が示す通り、3日に行われた今年の安田記念(G1)は、モズアスコットの矢作芳人厩舎の”執念”が実った勝利だった。

 それ故に、関係者の喜びもひとしおとなったのだが……。そんな中、間違いなく関係者の1人である「この騎手」は、今回の勝利をどんな心境で受け止めたのだろうか。

 この騎手とは、矢作厩舎に所属する坂井瑠星騎手だ。

 というのも今回、1989年のバンブーメモリー以来、29年ぶりとなる連闘での安田記念制覇となったモズアスコットだが、その前走の手綱を執っていたのが坂井騎手だったからだ。

 坂井騎手がモズアスコットと共に挑んだ安土城S(OP)は、いわば「必勝」を期した一戦だった。何故なら当時の本馬は安田記念出走に賞金が足りず、除外対象だったからだ。そこで陣営は安土城Sを勝つことで賞金を上積みし、春のマイル王決定戦に滑り込むつもりだったということだ。

 しかし、結果はクビ差の2着。単勝1.5倍に支持されながら痛すぎる敗戦となった。

 それもレースでは1枠1番からスタートで出遅れ、大外をぶん回して届かずの2着と、鞍上の若さが出てしまったような騎乗内容……。

JRA坂井瑠星騎手「下手くそ」呼ばわりの裏。モズアスコット「OP敗戦」に酷評集中!? 安田記念(G1)覇者で出遅れ、大外分回し2着……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!