Business Journal > GJ > 競馬 > キセキの「現在地」  > 2ページ目
NEW

宝塚記念(G1)キセキの「現在地」が難解すぎる……「暴走惨敗」と「疲れ」、それでも「ど根性」はグランプリ向き?

【この記事のキーワード】

, ,

0527ohkusu_riri-no-buru02オークスを2着に粘ったリリーノーブルもルーラーシップ産駒

また、日経賞に関しては、C.ルメール騎手が向こう正面で後ろから一気に進出して先頭に躍り出て『不可解騎乗』と話題になりました。あれでは上位進出は難しいですよ。早めに押し出したほうがいいタイプではあるのでしょうが、いくらなんでも『やりすぎ』という声が多いのもわかります。

この日経賞のせいで『キセキはまだまだ強いのか』『ここ2戦の結果が実力』なのか、現場でも判断が難しくなっています。もちろん今年の出走馬の中では上位でしょうけど……」(競馬関係記者)

 記者の言うとおり、昨年の菊花賞は極悪馬場での開催。ルーラーシップ産駒らしいタフネスを有していることはわかるが……。

 宝塚記念は例年蒸し暑く、馬場も渋りがち。キセキのような「ど根性実績」がある馬には期待したいところではある。

宝塚記念(G1)キセキの「現在地」が難解すぎる……「暴走惨敗」と「疲れ」、それでも「ど根性」はグランプリ向き?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!