NEW

JRA「超話題」の2歳馬サートゥルナーリア出陣! 圧倒的評判を誇る日米オークス馬シーザリオ「最高傑作」が早くもデビュー!

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「超話題」の2歳馬サートゥルナーリア出陣! 圧倒的評判を誇る日米オークス馬シーザリオ「最高傑作」が早くもデビュー!の画像1

 早くも今年の2歳世代の「主役」が、そのベールを脱ごうとしている。

 10日に阪神競馬場で行われる新馬戦(芝1600m)に、話題の超良血馬サートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)がスタンバイ。鞍上に”G1ハンター”のM.デムーロ騎手を配し、来年のクラシックに向けて早々にデビュー戦を迎える。

 母が日米オークスを制したシーザリオ、兄に菊花賞馬エピファネイア、2歳王者リオンディーズがいる超良血に、父が今年の2冠牝馬アーモンドアイを輩出したロードカナロアとくれば注目が集まらないはずがない。『webスポルティーバ』で毎年恒例となっている人気コーナー『厳選!2歳馬情報局』でも真っ先に取り上げられたほどの逸材だ。

 育成が行われたノーザンファーム早来でも「この馬自身はマイペースでも、隣で併走する馬は一生懸命。独特のオーラも感じます」と特別視されていたサートゥルナーリア。その動きは入厩後さらに頭角を現し、日に日に評価が高まっている。

 その底知れぬスケールの一端を垣間見たのが、栗東のCウッドで行われた1週前追い切りだ。

 1600万下で好走を続けているクリアザトラックと、中山牝馬S(G3)の勝ち馬で10日のマーメイドS(G3)に出走予定のトーセンビクトリーとの3頭併せ馬に挑んだサートゥルナーリア。結果的にラスト1ハロンで11秒台を叩き出し、併走馬を3馬身ぶっちぎる2歳馬とは思えない動きも然ることながら、思わぬ”アクシデント”に巻き込まれた。

JRA「超話題」の2歳馬サートゥルナーリア出陣! 圧倒的評判を誇る日米オークス馬シーザリオ「最高傑作」が早くもデビュー!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!