NEW

宝塚記念(G1)にパフォーマプロミスが虎視眈々!? 伏兵たちが実績馬たちをおびやかす走りを見せる?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宝塚記念(G1)にパフォーマプロミスが虎視眈々!? 伏兵たちが実績馬たちをおびやかす走りを見せる?の画像1

 6月24日に阪神競馬場で開催される宝塚記念(G1)。有力馬が軒並み回避を発表するなど早くからも出走メンバーの”格落ち”感が話題となっている。だが、それを逆手にとる形で虎視眈々とG1初制覇を狙うという馬もいるだろう。パフォーマプロミス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)もその1頭だと考えられる。

 パフォーマプロミスは昨年の春から芝2200m以上のレースに絞って出走して中長距離線のキャリアを積んだ。そして今年の始動戦となった日経新春杯(G2)ではM.デムーロ騎手とタッグを組んで、重賞初出走にして初制覇を達成している。

 本格化の兆しを見せ始めたパフォーマプロミスは、続いて目黒記念(G2)に向かう。レースでは5番手につけて先団を射程圏内におさめてレースを展開。最後の直線で先頭に襲いかかるかと思いきや、先を行くライバルを捉えきれずに3着入線。期待されたG2・2連勝は成し遂げられなかった。

「前走は比較的スローな展開で進みました。デムーロ騎手もレース後に『ペースが遅かったので……』と展開に泣いたと話していますし、この結果で同馬の実力を判断するのは早計でしょう。現在、パフォーマプロミスは宝塚記念の第二回中間発表では84位と下位にとどまっています。ですが、上位陣が軒並み回避していることもあり、参戦できる可能性は低くはないでしょう。出走したら面白い存在になると思います」(競馬誌ライター)

 今年の宝塚記念は層が薄いとはいわれてはいる。だが、復活が期待されるサトノダイヤモンドはC.ルメール騎手とタッグを組み、前走までは味方だったデムーロ騎手は昨年の菊花賞馬キセキで出走予定。さらには香港で年度代表馬にも輝いたことがあるワーザーがH.ボウマンを伴って参戦が予定されるなど、パフォーマプロミスよりも実績を持つ馬たちも顔を揃えるとみられている。

宝塚記念(G1)にパフォーマプロミスが虎視眈々!? 伏兵たちが実績馬たちをおびやかす走りを見せる?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!