NEW

宝塚記念サトノダイヤモンドがボロボロ? ファン投票1位でも上向き薄く

【この記事のキーワード】, ,
宝塚記念サトノダイヤモンドがボロボロ? ファン投票1位でも上向き薄くの画像1※画像:サトノダイヤモンド/『競馬つらつら』より

 6月24日に開催されるグランプリ宝塚記念(G1)。先月31日、JRAから「第2回中間報告」が発表されたファン投票では、サトノダイヤモンド(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)が現時点で1位に選出されている。

 有力馬の回避が相次ぎ、「史上最低」と揶揄されている今回の宝塚記念。現役屈指の実績を持つサトノダイヤモンドにはその前評判を吹き飛ばす激走が期待されているのだが、どうにもその旗色はよくないようだ。

 一昨年前の有馬記念(G1)では現役最強馬キタサンブラックをクビ差で交わし優勝。翌年以降の躍進が大いに期待された。だが、その後は思うような成績が残せず、凱旋門賞へ挑戦するも前哨戦から苦戦し、本番では15着と大敗。さらには陣営からはノド鳴りの症状まで発表された。

 まさに踏んだり蹴ったりのサトノダイヤモンドは敗戦後に休養入り。今年3月の金鯱賞(G2)で復帰し、上がり最速の末脚を発揮するなど見せ場こそ作ったものの3着入線が精一杯。前走の大阪杯では、スタート後は5番手と前目につけるも道中から12番手に控え始める、というチグハグさすらも感じられる競馬で7着敗戦。いまだ復活を果たすことはできず、1年以上も勝ち星から遠ざかってしまった。

 今回の宝塚記念で完全復活を果たしたいサトノダイヤモンドは、栗東の坂路で今週末に開催されるエプソムC(G3)に出走するスマートオーディンと併せ馬。52秒5-12秒2をマークするもクビ差で先着を許してしまう。管理する池江調教師は「スポーツ報知」の取材に苦い顔で「まだまだという感じ」と厳しい評価。だが、残り2週もあるため「どこまで良くなるかですね」とこれから次第だと語っている。

宝塚記念サトノダイヤモンドがボロボロ? ファン投票1位でも上向き薄くのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか